20170826 個別セッション2つを行なった1日 親指シフトの力を再確認

午前中と午後から、個別セッションを2つ行いました。場所は、大阪ではいつもお世話になっているコモンルーム中津さんです。

どちらのご相談も、親指シフトとブログの2本立てです。個別セッションですと、細かなご希望にチューニングできます。

テキストをタイピングするスキルが鍵なんですね。個別セッションでもお話ししましたが、脳で沸き起こる思考は、意外と文字でなく「イメージ」なのです。これを文字にしていく作業が大切です。

そして、タイピング速度がゆっくりだと、頭の思考が渋滞して、沸き起こるイメージが現れても、文字にする前に消えちゃうのです。

私が親指シフトを習得したのは、36歳のときでした。もし、親指シフトをやっていなかったら、ブログのアウトプットは続かなかっただろうと思います。

今の仕事と生き方を根底で支えてくれているのが、親指シフトのスキルです。

親指シフトについてはこちら。

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

この記事を書いた人