CFカード疑似SSD化 レッツノートCF-R2 劇遅! その2「 FAT32がいい?」

 <この記事は前のサーバーから移しました。 2009/02/22 に書いています。当時のままの記事です。>

CFカード疑似SSD化 レッツノートCF-R2 劇遅! その1」で書いたように、あまりにも遅いCFカードでの疑似SSD化。(起動に30分も掛かるので、、、、)いろいろネットで調べました。NTFSよりFAT32の方が、SSDにはよいとのご指摘が、特に。 DellサイトのでもFAT32を推奨??と書いてあります。

FAT32にてクリーンインストールを試してみないと思いました。FAT32なら速度が出るはず、祈るような気持ちでした。ところがWindows XP ProのインストーラーではなぜかFAT32が選択できない。ドライブのNTFSを認識すると、NTFSでフォーマットする仕様?なのでしょうか?でも、なんだか変です。

PuppyLinuxを使って FATでフォーマット。そしてwindowsXP proのインストールを実行。ところが、再起動後には、disk errorの文字が表示され、起動できません。もういちどNTFSフォーマットでインストール。ここからインストール完了まで8時間ぐらい掛かりました。いくらなんでも、、という時間ですが、仕方ないです。がんばりました。

結局、このフォーマットに8時間必要な現象がすべてを物語っている?と思い出しました。振り出しに戻ってしまいました。このまま頑張るのか?振り出しに戻ってしまったのだから、これを解決するのはかなり難しそうです。なによりフォーマットするだけで1日かかります。作業が進みません。

ここであきらめました。やれることはやった。でもSSDのレッツノートが使いたい!。どんどん欲しくなりますSSD。Amazonから買いました。トランセンド-TS8GSSD25-S IDEのSSDです。しかもSLC。MLCはプチフリがあるので避けました。

疑似SSDからSSDへ、CF-R2。続きはその3へ。

最終更新日 ( 2009/02/22 Sunday 23:04:29 JST )

この記事を書いた人