MAC OS X 4つの日本語入力ソフトをくらべてみた。

日本語入力。毎日使うからこそ。こだわりたい。

パソコンで日本語の入力。いまさらですね。Macでもことえりですね。入力するたびの変換作業です。一日いったい何回の変換をしているのでしょうか。すごい数ですよね。ちょっと使いづらい・ここが不便だと思うなら、

毎日の積み重ねです。作業効率が大きく違ってきます。作業時間も違ってきます。パソコンはすこしでも楽に使いたいです。いちばん自分に合う日本語入力ソフト探したいですよね。

試用版で実際に使って比べてください。

おもな4つのソフトを比べました。変換のしやすさ。使いやすさは、どれも試用版が用意されています。詳しい説明よりも、実際に使ってもらった方が良くわかると思います。ここではソフトの紹介にとどめました。

気づきにくい機能(辞書共有など)を中心に比較しました。

気づきにくい機能を比較しました。数台のパソコンを使い分けるのも、当たり前になってきました。辞書の共有にスポットを当てています。Windowsも使うなら(多くの人がそうなのかもしれません。Bootcampもありますから。)ATOKの共有機能は魅力です。そうなると年額版がもっともおすすめできます。

比較表は別ページにしました。

比較については表にまとめました。このスペースには表が入りきりませんでした。こちらのページに表とその解説を書きました。是非ご覧ください。

比較表はこちら

ちょっとの改善が、大きな差に。

おもな4つの日本語入力を比べました。ことえりで問題無いかもしれません。でも、ATOKは今まで磨かれた変換精度とWindowsPCとも辞書データを共有できます。コストも年間定額契約ならお得です。昔ATOKを使っている人ならどうでしょうか、魅力があると思います。

かわせみは新しいソフトですが、中の変換エンジンは歴史あるものです。軽快な動作が特徴です。ブラインドタッチが速いから、変換がもたつくのはストレスなんだよと言われるなら、バッチリでしょう。(僕は右のソフトでブラインドタッチができるようになりました。覚えるまでは大変ですが、身につくととても楽です。一生使えるスキルです。)

かわせみ参考サイト:

Google日本語変換はその高い変換効率ながら無料です。無料のソフトを選びたい。でも変換が上手くいかないのは納得できない場合に合うと思います。

どのソフトが良いかは使い方にもよるでしょう。毎日使うソフトです。少しでも不満があれば、小さな積み重ねが大きくなります。(ちりも積もれば、、、)満足できるソフトを見つけることは「急がば回れ」かもしれません。

日本語入力ソフトを換えて、ちょっと作業が早くできたとします。ざっとですが2分に1秒改善できたとします。1時間で30秒。8時間で240秒=4分。なんだそれだけ?ではないのです。こつこつ毎日4分節約できます。20日で80分=1時間20分も節約できるのです。すごいですよね。

忙しい日々です。1時間20分あれば趣味の映画を1つ多く見れらます。みんなで幸せになりましょうよ。

ATOK Pad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200

Just MyShop(ジャストシステム)

講座 開催予定

この記事を書いた人