キーボードが好きだっ!使ってわかったこと、キーボードへのこだわり

実はキーボード(PC用)へこだわりを持っています。
今は、数年前に買った機種名もわからないキーボードです。
打ったときに、ストロークがあって、押し込みのときに
すこしぶれる感触がいまいちですが、まあまあの打ちやすさで
今も使っています。

メーカーはSE-JINですが、購入時の箱には何も書いてなかったと
記憶しています。

条件としては、
1.なるべくコンパクトなのが良い。
2.仕事柄、いろいろなパソコンを操作する機会が多いため残念ながら
日本語配列キーボード
(統一しておくほうが、作業効率が良いことに気づきました)
3.スコッと入るメカニカルな感触が好き。
です。

なかなか出会えないのです。しかも最近はキーボードのラインナップも
少なくなる状況です。さびしいです。特にメカニカルキーボードが好みのため、
良いキーボードになかなか出会えません。

そもそも、初めてさわったのが、PC-9801VMのキーボードでしたし、
PC-9801DAとかDSとかをさわる機会もありました。
メカニカルスイッチ好みの理由と思います。

そして、ついに所有したのが、PC-9801BX。ところが、このシリーズから
コストダウンにて。キーボード仕様が大きく変わっていました。当時は
キーボードを変える選択肢はなかったですが。

そして、自作PCへとうつりました。
その時々にリーズナブルなキーボードを購入してきました。
今思えばこれも良くなかったですね。結局、結構散財しました。

その中で、奮起して購入したのが、Happy Hacking KB Liteでした。
打鍵感はよくコストパフォーマンスが高く、長い間活用しました。
ただ、就職後は、そのキーボードといつも一緒に作業できないことも
多く、独特のキー配置と通常の109キーボードとの使い分けが、効率を
下げている事実もありました。そして使わなくなりました。

今後は中途半端なものは買わずに、がんばっていつか東プレのキーボー
ドを購入したいです。

キーボードを愛するあなたにおすすめ!

この記事を書いた人