co.jpアカウント統合はできなかった、Amazon.comで買ったKindle

高まる期待

Kindleがついに日本でも正式に発売されました。このリリースと同時に、これまでにKindleを直接アメリカから購入した.comアカウントを、日本の.co.jpアカウントに統合できると聞きました。

アメリカから買ったKindle 2nd Generation(日本語フォント 表示ハック済み)が手元にあったので、早速試してみました。

統合できなかった

結果は、統合できませんでした。「We are unable to consolidate your libraries」(あなたの本棚を統合できませんでした。)と、メッセージが表示されてしまいました。本来、kindle(2nd Generation)は日本語表示できない機種です。当然と言われれば、当然の結果です。

アカウント統合について誤解していた!ことも、わかりました。Kindleを「どう紐付けるか」ではなく,購入した本のライブラリー管理をアメリカ?日本?どちらでするのか?、これがアカウント統合の内容です。

アカウントの統合

この統合について、下のサイトに説明があります。

Amazon.co.jp ヘルプ: アカウントの結合

ただ,説明を読んでもわかりにくいのですが。ここで書かれていませんが、下の2点の制限があることもわかりました。

  • Kindleを登録しているとアカウント結合できない。登録解除が必要。
  • Amazon.co.jp Kindleストアでコンテンツを購入済だと、Webから結合できない。カスタマーサービスに連絡が必要。

つまり、初代だからでなく、Kindleを登録しているから、統合に失敗したわけです。また、日本のkindleストアを利用する前に統合作業をしないと、手間が大きく増えます。

日本のアカウントに統合後は、”.com”からドル建てで購入が出来なくなります。

作業手順

Amazon.comにログインします。

右上にある「Your Account」メニューを開きます。「Manage Your kindle」をクリックして進みます。

左にあるメニューの中「Manage Your Device」をクリックします。

Great News の下に「learn more」とリンクがあるので、クリックします。

「統合するけど、いい?」と聞かれます。「Yes….」をクリックします。

「We are unable to consolidate your libraries」(あなたの本棚を統合できませんでした。)と、メッセージが表示されて、統合できませんでした。また、「カスタマーサービスに連絡するように」ともかかれています。

統合できなかったので,作業はここで終わりにしました。

対応/非対応

上のサイト情報から、対応/非対応をまとめると、下のようになります。

  • 対応
    • Kindle Paperwhite
    • Kindle Fire HD
    • Kindle Fire(2nd Generation)
  • 非対応
    • Kindle Paperwhiteの前のバージョン
      • Kindle Touch
      • Kindle Keyboardなど

アカウント統合の多くの制限と対応機種の少なさを考えると、まとめるメリットがあまり感じられません。iOS(iPhone,iPad アプリも色々ややこしい状況の様子です。)

やっぱり欲しい

当面は下のようにする方がいいと思います。(kindleをハック出来れば、、、)機械をどうにかこうにかする時間より、素晴らしい本を楽しむことを、おすすめしたいからです。

  • いままでのkindle(2nd Generation)は「.com」(アメリカ)アカウント専用機にする
  • 日本のkindleストアは、Kindle Paperwhite を買って、幸せな読書三昧 生活を満喫

E ink

Kindle Fire HD 32GB でなく、Kindle Paperwhiteがいいと断言するには、理由があります。今までのkindleを使っているあなたは、もうお分かりですね。

「E ink」です。液晶画面と違い、格段に読みやすい画面です。本物の紙のように自然な印刷そのもの、長時間読んでも疲れません。

E inkの原理を例えるとこのおもちゃに近く、画面が発光しないと表示できない液晶に対して,E ink は反射光で表示できます。だから眼に優しく、長時間読書しても疲れないのです。

まとめ

Kindleが日本でも正式に発売され、同時にアメリカの「.comアカウント」を、日本の「.co.jpアカウント」に統合できると聞き、kindle 2nd Generationが手元にあったので試しましたが、統合できませんでした。

アカウント統合には多くの制限があり、対応機種が少ないこともわかりました。アカウント統合のメリットがあまり感じない状況のため、いままでのkindleは「.com」(アメリカ)アカウント専用機にします。

日本のkindleストアは、Kindle Paperwhite を買って、幸せな読書三昧 生活を満喫しようと決めました。今日から「kindle貯金」を始めます!

読書好きのあなたにおすすめ!

参考サイト

既存Kindleユーザの日米Amazonアカウントのライブラリ統合について | 代助のブログ

とても参考になりました、感謝です。

この記事を書いた人