新幹線 名古屋発 21時24分 ひかり 666号 東京まで1時間45分で混雑回避できる

名古屋駅を21時過ぎに出発して、東京へ戻る場合、休日などでは、混雑する時がある。

その時に、のぞみでなくひかりを利用すると、混雑を避けれることもある。

(なお、この記事は、2022年8月現在の時刻表に基づいている)

それは、21時24分発の ひかり 666号。

ひかり 600番台は、新大阪〜東京間の東海道新幹線 区間を走る列車。

後続の21時29分発 のぞみ 464号 に、途中で停車する静岡駅で抜かれるものの、

ひかり666号 の停車駅は、静岡・新横浜・品川・東京なので、のぞみに比べて、停車駅が1つ増えるのみ。

ひかり666号 ダイヤ 名古屋〜東京 105分

21時24分 名古屋
22時13分 静岡
22時51分 新横浜
23時02分 品川
23時09分 東京

後続 のぞみ 464号 ダイヤ 名古屋〜東京 94分

21時29分 名古屋
22時45分 新横浜
22時56分 品川
23時03分 東京

後続 のぞみ より、所要時間は11分増える(後続 のぞみが、1時間34分なので、速い)が、ひかりの中では、最速の1時間45分で、名古屋〜東京を結んでいる。

なので、のぞみが混雑している場合は、検討する価値がある一本だ。

無料メルマガにぜひご登録ください

ブログより日常を書いています。
ものくろキャンプ メルマガ
購読登録フォーム
Eメール  *
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
  • ブックマーク

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。