GH5 V-Log撮影・LUT カラーグレーディングするため、アップグレードソフトウェアキー(DMW-SFU1)を導入

  • ブックマーク

パナソニックのLUMIX GH5でLog撮影を行うためには、別売りのライセンスキーが必要だ。

ライセンスキーは、だいたい1万円ぐらいのお値段で、1つのライセンスキーで、1台のカメラのLog撮影機能を有効にできる。

V-Logというのは、パナソニックのLog撮影の形式を指す。

そもそも、Log撮影?って何?となるが、これは「明るさのデータを対数関数で記録している」ので、対数関数の英語が

Logarithmic

なので、それの頭文字で、Logとなる。

ぼんやり、あーーなんか数学で、Logってあったなぁと。

とは言え、そもそもなぜ?対数関数が出てくるのか?

撮影している、光の量を真っ暗から真っ白になるところまでを、普通の数字で割り振っていくと、人間の眼の感覚では、明るさが違うと感じるところ、例えば、黄昏時の微妙な光の量が異なるところを、区別できなくなる。

そこで、対数で光の量を記録するのが、Log撮影だ。

詳しくはこちら。

Log撮影のメリットは、通常撮影より、記録できる明るさの幅が広くなり、映像表現力がアップする点だ。

ただし、Log撮影したデータをそのまま再生すると、光の量が対数で記録されているため、モヤっとグレーぽい映像になる。

そのため、動画編集アプリで調整する必要がある。この作業をLUTを当てると言う。

話題を元に戻すと、GH5でLog撮影は、ライセンスキーを追加購入することで実現できる。

今までは、ライブ配信中心の動画を考えていたので、Log撮影は気にしてなかった。ところが、最近、あみだすのYoutube撮影が増えてきたため、Log撮影!となったわけだ。

S1Hだと、標準でLog撮影が出来るが、持ち運びやすいのはGH5。

ということで、GH5を購入して4年目にして、ライセンスキーを購入した。

箱を開けると、説明書と、黒い袋に包まれたライセンスキーが出てくる。

ライセンスキーを取り出すと、シールになっている。

カメラに貼っておくと良い?ということで、液晶画面の本体部分に貼り付けた。

ライセンスキーを有効にするには、SDカードが必要だ。

SDカードは、1番スロットに入れるのがポイント。2番スロットだと、うまくライセンスを有効にできないらしい。

ライセンスキーを有効にする手順は、説明書が参考になるが、ざっくり書くと、

  1. SDカードを1番スロットに入れてフォーマット
  2. GH5のシリアルナンバーをSDカードに書き出す
  3. PCにそのSDカードを繋げる
  4. 専用ページにて、シリアルナンバーファイルをアップデートしつつ、購入したライセンスコードを入力して認証を通す
  5. 認証OKとなると、アクティベーションファイルがダウンロードできるので、S Dカードの指定されたフォルダに保存
  6. SDカードをGH5の1番スロットに入れて、アクティベーションファイルを読み込み V-log 機能を有効にする
  7. V-log撮影時のモニター表示を通常と同じ(Rec.709)で表示するように、HDMI出力もRec.709で出力するように設定を変更する。

あとは、フォトスタイル を V-Log L に設定して撮影。

DaVinci Resolve にて、LUTを当てる(手順はこちらを参照)と、良い感じの映像になる。

なお、パナソニックが公開しているLUTはこちら。

+1

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役