iPhone・iPadで表示がグラグラする【CSS】トラブルの応急処置

  • ブックマーク

WEBサイト構築の作業を進めていて、iPadにて表示テストしたときに、下にスクロールすると、グラグラ揺れるトラブルに出会うことがある。

表示している要素のどれかが、iPadの横幅をはみ出してしまっているのが原因だが、この原因になっている要素を見つけることが難しい。

そんなときに、応急処置で使えるコードを見つけた。

全体にoverflow-x:hidden を指定して、はみ出した要素の表示を強制的に隠すのが、下のコード。

html {
overflow-x: hidden;
}

body {
overflow-x: hidden;
}

ただし、このコードを追加することの副作用で、期待した動作や表示もおかしくなることがある諸刃なCSSコードでもある。

とはいえ、応急処置でグラグラを止めたいケースはある。

また、iPhone・iPadの表示をサイト構築の作業を行っているPCで、画面サイズを変更してシミュレーションしての確認だと、このグラグラなトラブルは見つけられない。

実機で確認することが、大切なポイントになる。

0

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役