Safari 6 のWindows版 提供されない?

OS X Mountain Lion

OS X Mountain Lionが発表されて、2週間過ぎた。MacFanから詳しい本もでるようだ。

Mac Fan Special 完全理解! OS X Mountain Lion (マイナビムック)

試してみたいが、トラブルを楽しむほど余裕もない。こちらでMountain Lionの記事を書いたが、まだインストールしていない。Lionのままだ。上のような本から、Mountain Lionについて効率よく知ることができれば、インストールもトライしやすいと思う。ソフトの動作確認もだいぶ検証されているようだ。

ところで、WindowsのSafari6がリリースされていない。今までは、appleサイトのSafariページからWindows版Safariがダウンロードできた。そのダウンロードリンクもひっそり(こっそり?)と削除されている。これはどういうことだろうか?

Safari6

Mountain Lionを導入できずにLionのままでも、ブラウザのSafariは”Apple Software Update”から「Safari6」へアップデートできた。一足先に新機能を体験している。

Safariの新機能についてはappleのSafariホームページを見ていただきたい。中でも「タブビュー」・「iCloudタブ」・「共有機能」はMountain Lionが必要なので、まだ使えていない。それでも、新しいバージョンのsafariを使っているのは、なんだかうれしい。

Windows版 safari6は?

Mountain Lionでないと、Safari6の全て新機能を使えない。OSへの依存度が大きい。クラウドと一体化を進めた結果だろう。となると、Windows版のSafariはどうなっているのか?。Windowsでは「Google Chrome」を普段使っているが、ちょっと気になって調べてみた。わかったことは3つ。

  • appleからwindows版Safari6の提供されるかどうかコメントがない。
  • appleのSafariホームページのダウンロードリンクが無くなっている。
  • windowsの「Apple Software Update」からバーションアップを確認してもSafari6へのバージョンアップしない。

どうなるか?未定だ。しかし、新機能の多くがMountain Lionを必要としているのでWindows版が発表されるのかどうか?。「Safari6 for Windows」は登場せず、WindowsからSafariはこのまま姿を消すと思っている。AppleもWindowsのSafariを提供するメリットは小さいだろう。

この意味を考えてみる

Safariがバージョンアップして、Windowsへ提供されないこと、新しいMac OSX Mountain Lionが必要なこと。ブラウザーのバージョンアップでのことだが、クラウドとOSの新しい関係を提案したMountain Lionの進化を大きく象徴づける出来事だと思う。appleが選んだSafari6の方向性は近いうちに評価されるだろう。そのときに、Windowsの提供終了?は大きな分岐点だったと感じるのではないかと思う。

 Windows Safari5 アップデートを試したが

Windows Safari 5.1.7 
(今のところappleのサイトからSafari5.1.7はダウンロード可能)

 

「Aplle Software Update」にてアップデートできるか確かめた。

Quick Time のアップデートソフトウェアは表示されるが、
Safari6 のアップデートは表示されない。

なので、バージョンアップできない 。


この記事を書いた人