零細企業でもできるテレワークの仕組みづくり

  • ブックマーク

テレワークを行いたい、となっても、会社で使っているアプリ全てが、クラウド(WEBアプリ)になっていない場合、会社に行くしかないのか、、と悩むが、これを解決する方法がある。

2010年に、勤務していた会社の都合で、自宅から職場のPCにフルアクセスして、作業を行なっていた。

ご注意

ネットワークの知識がある前提の記事です。自己責任で設定してくださいね。

会社のPCなので、Windowsと思う。Windowsには、リモートデスクトップ機能が標準で用意されている。

これを活用して、自宅から会社のPCを遠隔操作してしまえば、良い。

必要なのもの

  • 会社も自宅も光ファイバーの通信速度があるインターネット回線
  • VPNを設定できるルーター
  • 会社のPCはIPアドレスを固定
  • IPアドレスが理解できる程度のネットワークの知識

セキュリティはどうなの

セキュリティはパスワードをしっかり設定する。これに尽きる。パスワードを使い回ししない。

インターネットの速度は必要

会社、自宅、双方、それなりにインターネットの速度は必要。

速度は速ければ速い方が良いが、感覚では10Mbpsは確保したい。

VPNを設定できるルーター

オススメは、ヤマハのVPNルータ。予算に合わせて、以下の機種から選んでほしい。高い方が何かと良い。(が、NVR510で、なんとかなる)

ここが一番のポイント。ひかり電話と同居している光回線だと、かなり工夫が必要。

こちらを参照

ひかり電話を使っていないインターネット回線だとスムース。

ひかり電話を使っていないインターネット回線の場合は、NTTのルータをブリッジモードに変更

その下に、VPNルータを設置し、インターネット接続情報をVPNルータにセット。

その後、VPNの設定を行う。

ここからが、ヤマハのVPNルータの素敵な点、会社のインターネット側のIPアドレスは、変わる場合がある。

ネットボランチDNS サービスを使うことで解決する。

会社PCは IPアドレスを固定しておくのが吉

会社PCのIPアドレスは固定しておく方が、何かと吉。リモートデスクトップの接続するときに、IPアドレスで指定するのが、スマートだから。

あと、リモートデスクトップに必要なポートを開けておく(ファイヤウォールの設定を行う)

VPN通信が確立できるか、テストしてみる。

運用できると、会社のPCを自宅からフルで操作できる。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役