Facebook プラグイン 導入方法 -WordPress-

WordPressの記事公開をFacebookに。

最近はfacebookを使っている。WordPressの記事を公開したときに、Facebookに自動で投稿したいと思った。今まで、TwitterへはTweetable プラグインを使って自動でつぶやくことが出来ていた。Facebookにもこれと同じことを行えないか?方法を探した。

2つのプラグインが便利なことを知った。

Facebookは公式のプラグイン。今回はこちらを導入することにした。WordPress投稿をFacebookに自動投稿する他、かなり多機能なプラグイン。今回はFacebookへの自動投稿機能に絞って説明する。

Add Link Facebook プラグインについては、こちらの記事で導入方法を説明しているので参照してほしい。

プラグインのインストール

WordPressのプラグインインストール画面で、
「Facebook」で検索する。

Facebookプラグインが表示される。
今すぐインストールをクリックする。

インストールして良いか?
聞かれるので、
「OK」をクリック。

インストールが完了。
「プラグインを有効化」をクリック。

画面の上に、”プラグイン有効化のために設定が必要”と表示されている。
「configure the plugin」をクリックする。

この左の画面になる 。

設定には3つのステップが必要となることが説明されている。

・Facebook アプリを作成すること
・そのアプリの設定をすること
・アプリ設定の情報を使って、
WordPressプラグインの設定をすること

順にこれらの設定作業をしていく。

Facebook アプリの作成

ここに示されている、Facebookアプリページのリンクをクリックする。

パスワードの入力を求められるので、入力。

左の画面になる。右上の

ボタンをクリック。

下ののウィンドウが開く。”App Name”と”App Namespace”どちらにもわかりやすい名前(任意)を入力。App Namespaceには小文字アルファベットとハイフンしか使えない。Web Hostingのチェックは、不要。

入力例)e-conversation にて、設定した。
今回このサイト用に設定した
http://english.monochrome-photo.info 

おなじみのアルファベットの入力画面。がんばって読む。大文字小文字もややこしい。
これで、Facebookアプリの作成は完了。続いて設定作業になる。

 Facebookアプリの設定

左の画面になる。ここで入力する項目は2つ。

App Domains にサイトのドメイン(URLではない)

Website with Facebook Login のチェックマークをクリックして、入力窓を広げた後にサイトURLを入力

URL入力例
入力後に下のボタンをクリックする。

下のメッセージが表示される。これでFacebook Appの設定完了。
変更が反映されるまでしばらくかかる場合があると言われたが、今回はすぐに反映されていた。

WordPressプラグインの設定(Facebookアプリの設定情報を使って)

WordPressプラグインの設定画面”Step3”に戻る。


ここで、3つの項目入力が必要となる。

・App ID
・App secret
・App namespace

これら設定情報はFacebookアプリの画面にある。そこからコピー & ペーストする。

Facebookアプリの設定情報画面
設定を入力し下にある「変更を保存」ボタンを押すと、以下の画面になる。

ここで1つ設定する。

”Social Publisher”にチェックを入れる。

この画面が開く。機能有効化するために、

「Link your Facebook account to ….」のリンクをクリックする 。

このウィンドウが開く。

左下の投稿の公開範囲を選択する。
「すべてのユーザー」・「友達の友達」・「友達」
よければ、”facebookでログイン”をクリック。

この画面になるので、「許可する」をクリック。

以上で、Facebookプラグインの設定完了。

後はブログ記事を書いて新規投稿したときに、下の表示が表示されるようになる

これでFacebookに自動で投稿される。

初めのうちはちゃんと動いているか?。確認することも忘れないようにする。

Facebookアプリの作成手間が多く初めてやったときはかなり戸惑った。慣れればそれほどでもないが。また、Facebookの設定ページはすぐにバージョンアップすることが多い。2012-08-06時点での作業記録ということも書いておく。



この記事を書いた人