ConoHa VPS kusanagi WordPressのアップロードサイズを大きくする

ConoHa VPSのkusanagiで動くWordPressでは、アップロードサイズの初期設定は、16MBです。

大きなサイズのアップロードができるように変更するには、以下の3ファイルを操作する必要があります。

変更ポイントは3つ

・php.ini
変更するパラメータが2つ
・/etc/nginx/conf.d/[profile]_http.conf
変更パラメータは1つ
・/etc/nginx/conf.d/[profile]_ssl.conf
変更パラメータは1つ

SSHでログイン vi で編集

変更作業は、SSHでログインした後に、viで編集します。ターミナルでログインした後、suコマンドで管理者権限になっておきます。

php.ini

vi /etc/php7.d/php.ini

2箇所変更する必要があります。

658 行目の post_max_size

658 行目の post_max_size = 16M の数値を変更します。今回は200M に変更しました。

変更前

変更後

804 行目 upload_max_filesize

804行目の upload_max_filesize = 16M の数値を変更にします。ここも200M に変更しました。

変更前

変更後

/etc/nginx/conf.d/[プロファイル名]_http.conf

vi /etc/nginx/conf.d/[プロファイル名]_http.conf

[プロファイル名]の部分は、ユーザーごとに違うので、ls コマンドで調べる必要があります。

13行目の client_max_body_size 16M を 200Mに変更しました。

変更後

/etc/nginx/conf.d/[プロファイル名]_ssl.conf

vi /etc/nginx/conf.d/[プロファイル名]_ssl.conf

38行目の client_max_body_size 16M を 200Mに変更しました。

変更前

変更後

kusanagiの再起動を忘れずに

変更後は、kusanagi の再起動コマンドで、サーバーを再起動します。

kusanagi restart

アップロードサイズが、これで変更されました。

参考記事

upload_max_filesize < post_max_size < memory_limit となるように設定するとの情報もありますが、今回は、200MBに統一して設定しました。

この記事を書いた人