Conoha VPS KUSANAGI 環境にてサブディレクトリWordPress導入する場合 パーマリンクを動作させるために必要な設定

  • ブックマーク

Conoha VPSのKUSANAGIを使って、WordPressブログを稼働させている。この環境のサブディレクトリに、さらにWordPressを1つ追加したときに、困ったトラブルと出会ったので、覚書。

パーマリンク設定を変更するとトラブル

パーマリンクの設定を、基本の”?p=123(クエリ型)”以外にすると、ルートにインストールしているWordPress(メインブログ)で記事を探してしまう。サブディレクトリのWordPressにあるはずのブログ記事が見つからなくなってしまう。

正直、かなり焦った。Xserverで同じようにサブディレクトリに、WordPressをインストールし、メインとサブの2つのブログがある状態を作り、検証したところ、この上の問題は起きなかった。

KUSANAGIの環境設定が、原因であること、設定を変更するとトラブル回避できるだろうと、検索したところ、全く同じ事例で解決方法が書かれたブログ記事を見つけた。感謝です。

トラブルの対策手順

KUSANAGIのnginx設定ファイルを操作して、追記します。

まずは、sshにて、KUSANAGIにログインし、suコマンドでrootユーザに昇格。

下のコマンドを入力して、設定ファイルのディレクトリへ移動。

# cd /etc/nginx/conf.d/

次に、ls コマンドで、ファイル名を確認。

# ls

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx_ssl.conf (xのところには、英数字のprofile IDが入っている)が見つける。

これを、Vimで編集する。(Vimの使い方はわかっている方を対象にしています)

# vim xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx_ssl.conf

下記のコードを追加する。追加する場所は、ファイルの中に “location” の項目がたくさんあるので、その下に。 (私の場合は、ファイルの一番下までlocationのパラメータだったので、ファイル最後にある “}” の手前へ挿入した。ファイル最後の”}”は、ファイル先頭にある “server {” の閉じ括弧のため)

なお、/example の部分は、実際のサブディレクトリ名に書き直す。

 location /example {
      try_files $uri $uri/ /example/index.php?$args;
  }

追加できたら、Vimを :wq で保存終了し、最後に下のコマンドで、KUSANAGIを再起動する。

# kusanagi restart

sshの作業はここで完了、コンソールからログアウトする。

これで、パーマリンクを、例えば、記事ID や スラッグ形式に変更しても、問題なくサブディレクトリのWordPressが記事を探してくれるようになる。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役