Japanized for WooCommerce の 配達日から定休日の曜日を力づくで削除する

  • ブックマーク

お店の定休日に、WooCommerceで作ったストアのJapanized for WooCommerceプラグインの配達日から選べないように設定したい。

Japanized for WooCommerceプラグイン管理画面には、未出荷曜日設定の項目があるが、これは出荷を行わない曜日であって、翌週の定休日は「定休日の前に出荷できる」と判断しており、定休日の曜日でも選べてしまう。

確かに、そういうケースもあるだろう。ただ、今回は、お店の出荷日=配達日 というケースなので、プラグインの管理画面から、毎週の定休日、例えば 水曜日 は選べないようにしたく、設定方法を探した。

そこで見つけたのが、こちらの記事。感謝。

プラグインのファイルを直接書き換える手法なので、プラグインをアップデートする度に、カスタマイズを再度行う必要があるが、現状、この方法しかないので、採用した。

WooCommerceの案件は、プラグインのアップデートは、メンテナンス契約を結んで、クライアントさんでなく、私がアップデートすることにしているで、このような力づくのカスタマイズも採用できる。

定休日が選択できないメリットの方が、プラグインのアップデートでの手間より、遥かに大きいから。

FTPでプラグインのフォルダに移動。

class-jp4wc-delivery.php を探す。

class-jp4wc-delivery.php の 149行あたりにある

$set_disp_date_base->modify('+'.$add_days.' day');

このコードを探す。

この下に、以下のコードを挿入する。

//水曜日を配達日指定から除外
            if(3 == (int)$set_disp_date_base->format('w'))  {continue;}

if の直後の数字が、曜日を示している。0から6の値で、0が日曜日。今回は水曜日なので、3 を設定した。

結果、水曜日が選択肢から消える。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役