Japanized for WooCommerce 2.5 配達日から定休日の曜日をコードを改造して、力づくで削除する

Japanized for WooCommerceプラグインの「週間未出荷曜日設定」と「祝日期間設定」は、その日に出荷しない判定をしている。

出荷を行わない曜日であって、翌週の定休日は「定休日の前に出荷できる」と判断する。

この仕様で困るのが、飲食店でサイトを作っているケース。特に、店頭で渡すために、日付を指定していると、お休みの日でも、配送日が選べてしまい、注文後に、スタッフさんが、「この日は定休日でして、、、」と連絡しないといけない。(この点の改善要望も出ている)

2020年に書いた力づくカスタマイズは、プラグインのアップデートによるコード変更で、使えなくなった。

バージョン:2.5.0でのカスタマイズ方法は、以下の通り。

注意点は、プラグインのアップデートを実行すると、カスタマイズが上書きされるため、アップデートのたびに、メンテナンスが必須となる。

plugins

woocommerce-for-japan

includes

class-jp4wc-delivery.php

class-jp4wc-delivery.php の194行目

echo '<option value="'.$value_date[$i].'">'.$display_date[$i].'</option>'; 

この行を以下の行に差し替える。

          	 //水曜日を配達日指定から除外
            if(!(3 == (int)$delivery_start_day->format('w')))  {
           		// 長期休み スタート 長期休みを配達指定日から除外
            	if('2022-08-07' > $delivery_start_day->format('Y-m-d'))  {
                 	echo '<option value="'.$value_date[$i].'">'.$display_date[$i].'</option>';
            	}
            	// 長期休み 終了 長期休みを配達指定日から除外
            	if('2022-08-16' < $delivery_start_day->format('Y-m-d'))  {
                 	echo '<option value="'.$value_date[$i].'">'.$display_date[$i].'</option>';
            	}
            }
            //end 追加コード

長期休みの設定もできる。

差し替えた後のコードは、こんな感じになる。

参考記事はこちら

無料メルマガにぜひご登録ください

ブログより日常を書いています。
ものくろキャンプ メルマガ
購読登録フォーム
Eメール  *
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
  • ブックマーク

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。