クロネコヤマト B2 CSV Exporter for WooCommerce プラグインから出力される「依頼主コード」などは、フィルターフックで初期値を決定できる

  • ブックマーク

プラグインをインストールしてそのまま出力したCSVファイルを、クロネコさんのB2クラウドへ取り込むと「依頼主コードなど」が含まれていないとエラーが表示された。

クロネコヤマト B2 CSV Exporter for WooCommerce プラグインは、Kunoichi Marketにて購入した有料プラグインなので、ログイン後にプラグインページの下にある「サポートを受ける」をクリックして進む、サポートページに同じ質問が掲載されていた。

その質問スレッドから、サポートページに、案内があるのを見つけた。

サポートページによると、

  • フィルターフック yb2_each_row  にて設定できる
  • フックにて指定する配列番号は、CSVのセル番号から1引く
  • 開発者さんのサンプルコードはGitHubにある

というのがポイントだ。(フックの配列は、スタートが 0 だから、1つズレる)

サンプルは以下の通り。

// フィルターフックを適用
add_filter( 'yb2_each_row', function( array $row, WC_Order $order ) {
    // ご依頼主コード
    $row[18] = '00001';
	$row[19] = '03-1234-5678';
	$row[21] = '111-0053';
	$row[22] = '東京都台東区浅草橋1-8-6';
	$row[23] = 'キリークボックス202';
	$row[24] = '株式会社あみだす';
	$row[25] = 'カブシキガイシャアミダス';
	$row[39] = '0000000001';
	$row[41] = '01';
    return $row;
}, 10, 2 );

0

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役