iPad メモアプリに 入力中に突然、強制終了

いきなりメモアプリ 強制終了。

iPadにbluetoothのapple wirelessキーボードを使い、メモアプリにブログ原稿を書いていたときのこと。ミスタードーナッツでおいしいドーナツを楽しみながら良い調子で入力していた。そんなときに、いきなりメモアプリが強制終了。頭が真っ白に。初めての経験だった。

消えた入力内容

iPadだから、強制終了しても入力内容は残っているだろうと思ったら、残っていたのは30分ほど前のもの。その後の入力内容は無くなっていた。そのときは思わずiPadを投げ捨てかけた。良い感じでかなりの原稿を書いていたのだ。

アプリケーションを切り替えたタイミングで保存する。メールチェックした30分前まで戻ってしまったのだ。原稿の入力がすらすら進んだので、30分間アプリの切り替えはしていなかった。入力内容が消えると、元通りに入力する元気はないし、なにより同じ内容を思い出せない。これでは30分間ドーナッツを楽しみのんびりコーヒーを味わっていた方がよっぽど生産的だ。

コーヒーとドーナッツがおいしい

嘆いていても仕方ないので、作業をやめてのんびりコーヒーを楽しんだ。へこんだ気分のまま作業しても効率が悪いだけ。気分転換後の夜に続きは書いた。

よく似た記事を見つけた

その後、よく似た事例が無いか?ネットで探したがあまり見当たらない。しかもメモアプリだ。後からインストールしたアプリとは違う。よく似た事例の記事をやっと見つけた

この記事を読んで、あっと思い当たることがあった。

デバイスの再起動を長い間していない

2日前に、iosのアップデートと、容量の大きい辞書アプリのアップデートをやっていた。もちろん再起動はしていない。たぶんこれが原因だろう。すぐにipadを再起動した。これを定期的にやって、アプリの突然の強制終了を防いでいく。また、調子よく入力できている時でも、こまめにアプリの切り替えにて、メモの内容を保存するようにしていき、入力内容が消えてなくならないようにしたい。消えると、消えた内容よりも精神的なダメージが大きく作業への悪影響がとても大きいから。

再起動のやり方は、

  1. スリープ/スリープ解除ボタンを、赤い「電源オフ」スライダが表示されるまで数秒間押し続け、スライダをスライドする。
  2. スリープ/スリープ解除ボタンを押したまま、Apple ロゴが表示されるまで待つ。

なお、リセット方法もある。

デバイスをリセットするには、以下の手順を実行。
注意:デバイスのリセットは、デバイスの応答がなく、上記の手順でも効果がない場合にのみ行う。

Apple ロゴが表示されるまで、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上押し続ける。

これはiOSデバイス共通。iPhone, iPad, iPod touchどれでも同じだ。覚えておいて損はないと思う。

参考:iPhone, iPad, iPod touch:電源の入/切 (再起動) とリセット

マルチペアリング対応、折りたためてコンパクトに持ち運べるフルピッチキーボード!

出先でのバッテリー残量を気にせず使える!お買い得なモバイルバッテリー

この記事を書いた人