外付けキーボードは動かない?! iOS5 iPad camera connection kit

外付けキーボード

iPad の camera connection kitを使うと、正式サポートではないけれども、外付けキーボードが使えました。ところが、iOS5になってからは、使えなくなっているらしいのです。そのため、過去形の表現にしました。

iOS5 初代iPad・3つのUSBキーボードを準備して、実際に試してみました。

キーボード

準備できたキーボードは下の3つです。

  • apple USB keyboard テンキーなし (通称 銀 テンキーなし : 勝手に命名)
  • HHKB Lite2 for Mac
  • iBUFFALO USB KEYBOARD (BSKBU02BK)
結論はiBUFFALO USB KEYBOARDだけが動きました(使えました)。
なぜ?については、これから考えていきます。
ここで、話題がそれますが、簡単な各選手(キーボードの)の紹介をします。

appleのキーボードはなぜか廃番です。テンキー付きはまだ現役なんですけど、コンパクトで良いキーボードです。たぶん、wireless keyboardとの関係を政治的判断によって廃番となった陰謀説を勝手に想像しています。wireless keyboardより、わずかにキータッチが軽く打ちやすい違いもあります。

HHKB Lite2 for MACは貴重なmac用に販売されているキーボードです。HHKBと名前がついていますが、HHKB Professional2 とは全く違うキータッチです。カチャカチャうるさく、ちょっと打ちやすいキーです。このモデルは、HHKB Professional2を使う前に、独特のキー配列にユーザーが対応できるかトレーニングするモデルと思っています(申し訳ない)。

iBUFFALOのキーボードは、BIOS操作のためだけに買った、106配列のキーボードです。とにかく安い、メーカー製品で箱付きなのに、バルク品も裸足で逃げ出す価格です。特徴は「入力できるね」でも「文章をこれで入力は………」です。

camera connection kit

iPad は iOS5(5.1.1 9B206)です。さすがにちょっと動作がもっさりですが、まだまだ普段使いには十分です。camera connection kitは、初代iPadと同時に発売された、初期(?)モデルです。

これらを使い、3つのキーボードが動くか確認します。

動作確認

apple USB keyboard テンキーなし

動きませんでした。apple純正品なのに残念です。

apple純正品だから?でしょうか、「消費電力が足りません」とのエラーメッセージが表示されました。iOS4の時は使えてました。iOS5になってからは使えなくなったのは、本当でした。カメラ コネクション キットへの供給電力が少なくする制御をiOS5から行っているのが、原因とのことです。

キーボードなのに電力そんなにいるのか?とも思いました。このキーボードUSBハブ機能も持っています。このために、電力不足が起こったと推測しています。

HHKB Lite2 for Mac

これも。動きませんでした。なぜか、エラーメッセージも表示されません。うーーん、何が原因かわかりません。消費電力の不足だとは思います。でも、USBハブ付いていないんですけど。

iPadより大きいキーボードです。なぜ、試したのかというと、これが動けば、HHKB Professional2も使える可能性があるかもと思ったからです。モバイルにてテキストを入力するなら、iPadの10時間もつバッテリーと、HHKBの快適なキーボードは最強の組合せですから。

HHKB Professional2は持ち運び用のケースもあります。

iBUFFALO USB KEYBOARD

意外(失礼)にも、動きました。「デバイスを使用できません」とエラーメッセージが出ます。でも、このメッセージはiPad語です。意訳すると「公式サポートデバイスじゃないけど、使うの?まぁご自由に、ただし、appleはどうなっても知らないよ」です。

メモアプリのソフトキーボードも出てきません。このソフトキーボードは、画面の半分を占めています。これが表示されないだけで、広い画面になります。別世界です、これが本来のiPadです。ただ、このキーボードはそれなりなので、入力していると疲れました。

これが動いた理由は、たまたま消費電力が足りたのだろうと思います。動くキーボードがあることがわかったので、他のキーボードでも動く可能性があるわけです。

まとめ

iPadが「iOS5」になってから、camera connection kitを利用しての、外付けキーボードが使えないということで、実際に試しました。iOS4の時はappleのUSBキーボードは使えていましたが、iOS5では「消費電力が足りません」とエラーが起こり、使えませんでした。

HHKLite2もエラーメッセージは出ませんでしたが、やはり動きませんでした。ところが、iBUFFALOのキーボードは問題無く使えました。消費電力をどれほど必要なのか?が動く、動かない、の原因でした。iOS5になってから、camera connection kitへの供給電力を下げる仕様になったそうです。

動くキーボードもあることがわかりました。電気が足りないから、認識できなくなる訳です。外付けキーボード自体を認識しない仕様になっていたら、「どうしようか」と思っていましたが、そうではないことがわかって、安心できる結果となりました。

キーボードOK

多くのキーボードで動作実績のあるアダプターを見つけました。多くのキーボードでも動作する!と書かれています。かなり気になります!

[ShopU] カメラコネクションキット for iPad/iPad2 【セール特価品】

iPadを愛するあなたにおすすめ!

この記事を書いた人