iPhone XR 「空白キー」長押しでカーソル移動できる 文章を書くときに便利

iPhone XR は、3D Touchが搭載されていませんが、文章を書いているときにカーソルを便利に操作する機能が、iOS12から用意されました。

それは、

キーボードの「空白キー」を長押しです。

3D Touchとは、iPhoneの画面を「ギュッ」と押し込む操作です。

キーボード入力のときに、ギュッと押したら、Macのトラックパッドと同じく、文章のカーソルを自在に操作できる機能が便利です。

じゃ、iPhone XR だと、その3D Touchの操作が出来なくなったわけで、ガッカリしていました。

が、

そこは、Appleも便利さが半減すると、気づいた様子。

代わりに、用意された機能が

キーボードの「空白キー」を長押しです。

この操作を行うと、キーボードのキー表示が消えて、カーソルを自在に操作できます。

「あああ、ここにカーソルを移動させたいのに、タップしても、1つズレる」というイライラしたときに、思い出してください。

ブログコーチものくろの一言

この機能は、iOS12 に付属している日本語入力キーボードで動作します。

iPhone XR だけでなく、3D Touchを搭載していない、iPhone SEや、iPadでも、使えます。ただし、iOSを12にアップデートしてください。

さらに、3D Touchを搭載している機種(例えば iPhone Xなど)でも、「空白キーの長押し」でカーソル移動できます。

便利なので、ぜひ使ってみてください。

3D Touchについての詳しく操作はこちらの記事で、読むことができます。

あと、iPhoneを外出して使っていると、バッテリーがドンドン減ります。便利な分仕方ないなぁと。モバイルバッテリーが必須です。

愛用しているのはこちら。

この記事を書いた人