iPhone 写真が横向きになってしまうトラブル解決法 後から写真編集は面倒というあなたへ

横向きの写真で撮ったのに、縦向きに。なんでやねん。ということ、ありませんか?

iPhoneで机の書類を写真に撮ったとき、iPhoneを横向きにしているのに、90度回転してしまって、縦写真になるときがあります。

写真アプリから、編集で写真を回転させれば、済むとはいえ、面倒です。

90度回転してしまっているiPhoneの写真

↓ 本当はこの横向きで撮影したいのに

↓ 横に回転してしまった写真

思った向きと違う写真になってしまう理由

どうして、思った向きと違う写真になるか?理由が、わかりました。

どっちが「上?」なのか、iPhone本体が、勘違いしているために、このトラブルは起こります。

iPhoneには、ジャイロセンサーが内蔵されており、どんな角度で、どんな向きなのか、検出する機能があります。

しかし、ジャイロセンサーが、上手にiPhoneの向きをチェックできない場合があります。

例えば、机においたiPhoneをそのまま持ち上げて、縦向きから横向きに回転させた時などは、ジャイロセンサーがうまくiPhoneの角度を検出できない様子です。

そのため、iPhoneの向けている向きと、カメラアプリが解釈する向きがずれてしまいます。

カメラアプリでの向きを確認する

iPhoneのカメラアプリ。実は、どの向きに解釈しているか、画面上に表示されています。

下の写真の画面右下にあるカメラのマーク

これが、向きを示しています。

ちなみに、このマーク(アイコン)を押すと、外カメラを使うか、インカメラを使うか?の切り替えになります。

一眼レフカメラみたいなマークが、縦方向を向いているので、この場合は、縦位置の写真になります。

下の写真は、カメラのマークがを向いています。

なので、横位置の写真となります。

iPhoneのセンサーに向きを伝える動作を行う

ジャイロセンサーに正しい向きを伝えるコツとしては、iPhoneを地面と垂直に立てた状態にすることです。

なので、

机の上のiPhoneを手にし、そのまま、iPhoneを机と水平なまま、90度回転させて、机の上に置いている本などを撮影すると、iPhoneが自分の向き(ジャイロセンサーの検出結果)が勘違い状態で、写真が回転しちゃうのです。

じゃ、どうすれば、いいのか?

机の上のiPhoneを手にし、一旦、手を返してiPhoneを机と垂直になるようにして、その状態でiPhoneを回転させると、ジャイロセンサーは正しい向きを検出してくれます。そのあと、iPhoneを机と水平に戻して、机の上の本などを撮影すれば、不用意に思った向きと違う写真にはなりません。

お試しください。

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。