iPhone おやすみモードを常時onにしたら、仕事がはかどった

iPhoneの通知を止めるように設定したら、仕事が良い感じで捗った。

どういうことか?詳しく語っていくと、いつでもiPhoneが手元にある。

iPhoneの通知が、何度も鳴っていないだろうか?鳴ってなくてもバイブレーターで通知が届いのが聞こえていないだろうか?

確かに通知は便利だ。しかし、通知の割り込みに、その場その場で対応していたら、本来行うはずの仕事が進まなくなっていないだろうか?

そう考えて、iPhoneのおやすみモードを(思いっきて)有効にしてみた。

おやすみモードは、強力な設定だ。通知だけでなく電話の着信も鳴らなくなる。

電話を使わない仕事スタイルにしており、電話の着信は無くても困らない。

ただ、メッセンジャーやメールの通知が聞こえると、「何かな? 」と見る癖ができていた。

通知が鳴っても見ない、とするより、通知そのものを無くせば良いじゃないか?

これに、気づいた。

で、実践してみて、ビックリするぐらいスムースに作業が進んだ。

通知に振り回されていた自分だったのだ。

昔、メールを使い始めたときに「メールの通知に合わせてメールチェックを何度もすると、作業が進まなくなる」と、話題になったのを思い出した。

同じなのだ。

そもそも、いますぐに対応しないといけない、なんてことは滅多にない。

後から確認して、対応すればOKなのだ。

通知が気になってしまっているなら、おやすみモードを使ってみるのをおすすめする。

通知を無視する発想を得たのがこちら書籍だ。

新装版より、こちらの方が具体的な事例が多く参考になる。

この

無料メルマガにぜひご登録ください

ブログより日常を書いています。
ものくろキャンプ メルマガ
購読登録フォーム
Eメール  *
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
  • ブックマーク

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。