【Mac バックアップ】Time Machineが途中で止まる場合はSpotlightを再構築

バックアップは大切

MacBookAirのバックアップ環境を見直して、USBの外付けHDDに”Time Machine”を設定しました。

いざっという時にバックアップが必要になります。消えたデータを取り戻すにはバックアップしか方法がありませんから。

バックアップが進まない

このTime Machineは本当に便利なバックアップシステムです。これが使えるからMacを使っている面もあります。

ところが、Time Machineを設定しバックアップをスタートさせても、すぐに進まなくなるトラブルに出会いました。いくら待ってもバックアップが進まない、バックアップのHDDも動いている様子がありません。

このことを調べたら、Spotlightのデータベースが破損している場合に起こるトラブルとわかりました。

参考:Time Machineがいつまで待っても終わらない時に試してみよう – MofuMofuFarm

下の手順でSpotlightを再構築してみたら、Time Machineのトラブルが解決しました。

【Mac テクニック】Spotlight 検索インデックスの再作成(構築)の操作法

この記事を書いた人