【Mac Pixelmator 】ブログに最適、わかりやすい画像を作る方法

写真の中に注目を集める

ブログ記事を分かりやすくするのに写真は大切です。アプリの使い方の記事にはスクリーンショットが便利です。画像全体も伝える必要があるし、「注目」してもらいたい部分もあるとき、使えるテクニックです。

例えば、こちらの写真の「バター」に注目してもらう場合です。

IMG 9219

バターが目立つけど、パンもラテも伝わる

バター以外の部分に”半透明の黒色”を重ねました。パンやラテなど全体も伝えつつ「バター」に注目を集めることができます。

IMG 9219 2

アプリなどの操作を説明する写真です。7つのメニュー項目があることを伝えつつ「ファイルマネージャー」を選択することを伝える場合に便利な画像です。

スクリーンショット 2014 03 26 17 27 08

Mac Pixelmator アプリ

Macの画像レタッチアプリ Pixelmator を使った方法をご紹介します。3000円の有料アプリ(2014年3月現在)ですが、動作が軽量なので気に入っています。

Pixelmator
カテゴリ: グラフィック&デザイン, 写真

DropShadow ~ スクリーンショット 2014 03 26 17 53 40

30日間のフリートライアルバージョンが用意されており、ぜひ試してみてください。

↓ 試用版はこちらから入手できます。

Try Pixelmator

加工方法

Pixelmator アプリにて、元画像を開きます。下のスクリーンショット右下にある「レイヤー ウィンドウ」の上で”右クリック”し、表示されたメニュー「新規レイヤー」を選びます。

DropShadow ~ p0001

これで元画像(ここでは”背景のレイヤー”)の上に「レイヤー」が追加されます。

スクリーンショット 2014 03 26 17 34 26

ペンキ缶アイコンの”塗りつぶしツール”を選択します。

DropShadow ~ P003

レタッチしている画像ウィンドウ”上”にあるプロパティー設定にて「塗りつぶし色・不透明度」を設定します。

”黒色で40%ぐらいの半透明度”の設定が好みです。

スクリーンショット 2014 03 26 17 35 00

画像ウインドウの上でクリックして「半透明色」を塗ります。

スクリーンショット 2014 03 26 17 35 08

次にツールバーの「長方形選択ツール」を選びます。なお、バターの写真では右の「楕円形ツール」を使いました。

DropShadow ~ p004

長方形ツールで「半透明の黒塗りが不要」な場所、つまり、注目を集めたい場所を選択します。

スクリーンショット 2014 03 26 17 35 27

選択した後に「deleteキー」にて”半透明の黒塗りつぶし”を削除します。画像ができあがりました。

スクリーンショット 2014 03 26 17 35 55

メニューバー「ファイル − 書き出す」を選択します。

DropShadow ~ p005

画像形式を選択します。

スクリーンショット 2014 03 26 17 36 25

ファイル名を決めて「書き出し」ます。

スクリーンショット 2014 03 26 17 36 31

さあ、みんなの視線はあなたのものです。

 参考記事

Pixelmator入門 -blockworks.jp-

Pixelmator
カテゴリ: グラフィック&デザイン, 写真

関連記事

講座 開催予定

この記事を書いた人