macOS Mojave へAirDropでiPhoneから写真を送信するとJPEG変換されずHEIF(拡張子HEIC)で保存される

macOS Mojave へAirDropでiPhoneから写真を送信したときに、HEIFフォーマットを使っている場合の挙動が、High Sierraのときと異なっていました。

iPhoneでHEIFフォーマットを使っている

iPhone7以降のiOS11から使えるHEIF(フォーマットを高効率に設定)は、画質を損なわずにストレージ容量が節約できるので、使っています。

転送オプションを自動にしていても、MojaveはHEIFで受信する

iPhoneの設定の中にある写真のセッテング項目の中にあるMACまたはPCに転送オプション自動を選んでいても、HEIFフォーマットで撮影した写真を、MacへAirDropで転送したときに、新しいmacOS Mojaveだと、HEIFフォーマットのまま受信するように挙動(仕様)が変更になっていました。

High Sierraのときは、AirDropだとJPEGフォーマットで転送されていました。なお、iPhone 8Plus とiPhone XS Max の2つでテストしましたが、どちらでも、同じ結果で、macOS Mojave へAirDropすると、拡張子HEICで保存されました。

JPEGへの変換はプレビューアプリを使う

拡張子HEIC(HEIFフォーマット)をJPEGに変換するには、プレビューアプリで開き、ファイルメニューの中にある書き出しにて、フォーマットJPEGに変更して保存をクリックすると、変換できます。複数枚も一度にプレビューで開き、複数の写真を選択して操作すると、同時に複数枚を変換できます。

講座 開催予定

この記事を書いた人