macOS【日本語変換】ctrl + mキーの ショートカットで確定できる

記事タイトルで全部行ちゃってるんですけれども、macOSの標準の日本語変換でコントロールエムのショートカットキーを使うと変換が確定できる。

ctrl + m

これ何が便利なのかと言うと、エンターキーを押すよりも指の動きが少ないのが良い。

macOSのバージョンは、Sonomaで、このショートカットがOKなのを確認した。(Windows風のキー操作OFFであること)

アップルのサポートドキュメントでは、このショートカットは掲載されていないのだけど、使えるショートカットになっている。

それ以外にも便利なショートカットはこちら

ctrl + m変換確定
ctrl + h手前の1文字を削除
ctrl + jひらがなにする
ctrl + kカタカナにする
ctrl + l全角アルファベットにする
ctrl + ;半角アルファベットにする
ctrl + p1行上へ(previousのp)
ctrl + n1行下へ(nextのn)
ctrl + f1文字進む(forwardのf)
ctrl + b1文字戻る(backのb)
ctrl + a行頭へ
ctrl + e行末へ

これらのショートカットを使うとカーソル気を使わず、文章の編集したいところに中にカーソルを持っていくこともできるし、変換中二カタカナにしたい時やひらがなにしたい時もさっと変換できてスムーズだ。

なお、これらのショートカットキーは、Macの標準の日本語変換で使えるものだが、 システム設定のキーボードの「入力ソース」-「日本語」の中にある Windows風のキー操作 を ONにすると、ショートカットキーが変わるので注意が必要だ。

この記事を書いた人

大東 信仁

カンパチが好きです。

プロフィールはこちら

10月14日開催 参加者募集中
(画像をタップ→詳細へ)

ミッションナビゲート モニター
(画像をタップ→詳細へ)

広告