成田国際空港 第一ターミナル 2F シャワールーム -出発前や帰ってきたときのリフレッシュに-

成田国際空港 第一ターミナル シャワーを楽しむ

成田国際空港 第一ターミナルの2階に、シャワールームがあります。LCCの peach にて関西国際空港へ移動する時に、このシャワールームを利用して、リフレッシュしました。

汗を流すと、ホッと一息、気持ちもリフレッシュされて、旅の疲れが楽になりました。

第一ターミナル2階

第一ターミナルのシャワールームは2階にあります。なお、第二ターミナルにもシャワーを利用できる施設があります。これについては、エントリー最後にて、紹介いたします。

成田国際空港 シャワールーム

成田国際空港 シャワールーム

成田国際空港 第一ターミナル シャワールーム

場所は北・南 2つのターミナルビルの中心の場所です。2階フロアは広くないので、わかりやすい位置にあります。

8つのシャワールームを備えているそうです。

30分 1030円

利用料金は、30分 1030円です。支払いは現金だけでなく、クレジットカードでも大丈夫です。楽天VISAデビッドカードでの支払いも大丈夫でした。

この料金で含まれていたのは、こんな感じです。

  • タオル
  • バスタオル
  • ミネラルウォーター 500ml 1つ

シャワールーム ミネラルウォーター

シャワールーム バスタオルとバンドタオル

タオルとバスタオルは、ビニール袋で一緒にセットされていて「なんだ、、タオルがないじゃないの、、」と早合点してしまいました。シャワーを浴びて、バスタオルを使った時に、ぽろっと「タオル」が出てきて「あら、」となりました。

ですので、はじめにタオルとバスタオルを取り出すことをおすすめします。

手ぶらで気軽にシャワーを楽しめます。ただし、髭剃りはありませんでした。

シャワールーム

シャワールームは下の写真のような雰囲気です。

シャワールーム 全体 廊下

シャワールーム 全体風景

シャワールーム中、雰囲気

着替えたり、荷物の整理も、楽々できる余裕のあるスペースでした。

嬉しかったのが、シャワーヘッドに「マッサージシャワー」切り替え機能があることでした。荷物を持ち歩いてて、肩や腕が疲れていたので、気持ち良かったです。

マッサージ シャワーヘッド 説明

マッサージシャワーヘッド

ボディソープと、リンス イン シャンプーもバッチリ。

ボディソープとリンスインシャンプー

30分の時間を確認できる時計も壁に設置されてました。どこかで見たことがあるデザインですね。

掛け時計 多分 MUJI

第二ターミナルにもシャワールーム

成田国際空港 第二ターミナルにも、シャワールームはあります。

9h nine hours

第二ターミナルは「9h nine hours (ナインアワーズ)」という、カプセルホテルのシャワー利用プランがあります。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もっと
旅に行きました
について読む