フリーランスの道具箱

Mac OS X El Capitanの新しい「システム整合性保護」System Integrity Protection (SIP)のON・OFFの操作方法

コンソールで操作

システム整合性保護とは

El Capitan から導入されたセキュリティ(保護)機能です。従来だと、OSの大切な部分に対して、アプリが自由にアクセスできていました。これを制限するのが「システム整合性保護」機能です。

System Integrity Protection (SIP)・rootlessと呼ばれることもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

広告

機能を有効・無効を変更するにはリカバリーモード

この「システム整合性保護」機能を一時的に止めたり、再開する操作は、使っているMacを一度終了して電源を切り、リカバリーモードにて起動する必要があります。

リカバリーモードの起動方法は「command + R」キーを押したまま電源を入れ、Apple ロゴが表示された後に離します。つまり、ロゴが表示されるまで押し続けます。(「command + R」を押すのが遅すぎると、リカバリーモードでなく通常のログイン画面が立ち上がります。)

ターミナルから操作

画面上にあるメニューバーの中に「ユーティリティ」があります。その中に「ターミナル」があるので起動します。

このターミナルにて「csrutil disable」とコマンドを入力すると、無効になります。有効にするときは「csrutil enable」です。

保護機能がONなのかOFFなのか?を調べるのもコマンドでできます。ターミナルへ「csrutil status」とタイプすると、状態が表示されます。これは通常の起動中でもOKです。

コンソールで操作

保護機能が有効かチェックした時に「無効」場合の表示例

El Capitanのことを理解するのにはこららが良い様子です。

もう一つエントリーを読んで行かれませんか?

広告

もっと
d. デジタルなツール
について読む


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。ブログは年間 1450記事を更新した経験も(2013年)。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告