Mac OS X El Capitanの新しい「システム整合性保護」System Integrity Protection (SIP)のON・OFFの操作方法

システム整合性保護とは

El Capitan から導入されたセキュリティ(保護)機能です。従来だと、OSの大切な部分に対して、アプリが自由にアクセスできていました。これを制限するのが「システム整合性保護」機能です。

System Integrity Protection (SIP)・rootlessと呼ばれることもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

機能を有効・無効を変更するにはリカバリーモード

この「システム整合性保護」機能を一時的に止めたり、再開する操作は、使っているMacを一度終了して電源を切り、リカバリーモードにて起動する必要があります。

リカバリーモードの起動方法は「command + R」キーを押したまま電源を入れ、Apple ロゴが表示された後に離します。つまり、ロゴが表示されるまで押し続けます。(「command + R」を押すのが遅すぎると、リカバリーモードでなく通常のログイン画面が立ち上がります。)

ターミナルから操作

画面上にあるメニューバーの中に「ユーティリティ」があります。その中に「ターミナル」があるので起動します。

このターミナルにて「csrutil disable」とコマンドを入力すると、無効になります。有効にするときは「csrutil enable」です。

保護機能がONなのかOFFなのか?を調べるのもコマンドでできます。ターミナルへ「csrutil status」とタイプすると、状態が表示されます。これは通常の起動中でもOKです。

コンソールで操作
保護機能が有効かチェックした時に「無効」場合の表示例

El Capitanのことを理解するのにはこららが良い様子です。

もう一つエントリーを読んで行かれませんか?

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら