フリーランスの道具箱

Gistを使えば、ソースコードをWordPressブログに綺麗に埋め込み表示できる

ソースコードを埋め込む

ソースコードを記事に表示したい

技術的な話題をブログに書くときに、切っても切れないのがソースコードをどうやって読みやすくブログ記事に書くか?という問題です。

今までは、コードを表示してくれるプラグイン(SyntaxHighlighter Evolved)を使っていましたが、記事を書くときに、不注意な操作をすると表示崩れが起きるし、うまく表示できないことがあったり、意外と苦労してきました。

ちょっと前から、風の頼りで聞いていた「Gist」というサービスを使えば、とてもカンタンにコードを記事に表示できるらしいのです。ただし、GitHubのサービスとも聞いていたので、GitHubにコードを書く段取りが必要なんだろうなぁと勝手に思い込んで(実際は不要です)いました。

GitHubを使ったことがなくてもOK

ブログのテーマを変えたタイミング、コードを表示するのに「Gist」を使ってみよう、GitHubも頑張ろう!と思って重たい腰を上げてみたら、なんと、必要なのはGitHubのアカウントが必要なだけでして、GitHubにあるコードを表示するのでなく、Gistの管理画面にコードを書けば、それでOK!というシンプルなものでした。

WordPress(4.4.1)にJetPackプラグインを導入している場合、GistのURLを書くだけで、埋め込みできてしまう!取り扱いの良さにびっくりです。

サンプル

実際に埋め込んでいるいるサンプルです。ブログのグローバルナビのスタイルシート(CSS)カスタマイズのコードです。

スマートフォンでも見やすいレイアウトです。

https://gist.github.com/mono96/41801374c3ddf0cb9dc4

SSL(https)にしたブログでも大丈夫

GistはhttpsのURLにて埋め込みます。なので、SSL対応している当ブログでも埋め込みできました。今後、SSL対応は多くなると思います。この点は大切です。

使い方

GitHubにアカウントを作り、Gistにログインします。

この画面も入力するのは基本2つです。シンプルです。

  • Filename(拡張子も)
  • ソースコード

Gist

あとは右下の「Create なんとか」というボタンをクリックするとOKです。

ブログに掲載するコードなので、結局、記事を通して公開するわけですから「public」を選びます。

複数のコードも大丈夫

複数のコードを登録すると、ここにどんどん増えていきます。直感的に使いやすいデザインです。

コードを修正する場合は、WordPressの記事編集画面からではなく、このGistの管理画面からコードを編集します。

GitHubを使いこなしたいのですが、まずは、ブログにソースコードを表示したいときはこのサービスがオススメです。

参考記事


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます