BackWPUp バックアッププラグインが さくらインターネット SSL(SNI)だとエラーで動かない件の解決方法

  • ブックマーク
  • Feedly

さくらインターネットさんのラピッドSSL(https)にしたWordPressサイトにて、バックアッププラグイン BackWPUp を設定しても、エラーとなってしまう場合の解決方法です。

解決方法

.htaccessに下のコードを「RewriteEngine On」と「RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$」の間に追加します。

RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/wp-cron.php$

この「RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$」はさくらインターネットのラピッドSSL(SNI)の場合に、https環境であることがWordPressにうまく伝わらないので、追加しているコードなのですが、バックアッププラグインが動作するときにも、httpsであることがうまく伝わらないので、それを解決する1行となります。

なので、修正後の.htaccessの一部分は下のようになります。

エラーメッセージ

トラブルのエラーメッセージはこちらです。

backwpup has started, but not responded for 10 seconds

詳しくのリンクを開くと「転送が多すぎます」とのエラーメッセージでした。

正直、3日間悩みました。

初めはプラグインの設定がうまく出来ていないのでは?と考えたり、エラーメッセージを検索して、英語のWordPressフォーラムを読んだりと、かなり苦労しました。

英語のフォーラムで.htaccessの書き方を変更したら「動いた」という書き込みを読んだときに「あっさくらインターネットのラピッドSSL(SNI)だと、httpsをきちんと返さない仕様だった」ことを思い出して、こちらの記事を見つけることができました。とても参考になりました。感謝です。

もうひとつ記事を読んで行かれませんか?

[ads_wordpress_amazon]

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら