やる気が出ないは身体の悲鳴、海水温熱療法でリフレッシュしています

フリーランスで活動していて、大切と痛感しているのが健康維持です。仕事を楽しんでいますが、どうしても避けられないのが「脳の疲れとストレス」です。

自分の場合は、疲れが蓄積すると「やる気が急低下」してしまったり、偏頭痛という形で身体が悲鳴のサインを発信してきます。もちろん、作業の効率は悪くなってしまいます。個人で仕事を回していく上で、回復できましたが、健康を失った経験もあるため、健康第一と感じています。

「やる気が出ない」のは気分の問題ではなく、身体の悲鳴なのだなぁと。気合いや努力でなんとかしようとしてしまいがちですが、そうではなく、身体のメンテナンスを受けるようにしています。

昨日もそんな「なんだかやる気が起きない」タイミングでして、海水温熱療法の施術を受けてきました。

45度の熱いタオルを当ててもらって、「熱いー」と叫んだりしているのですが、身体にもともと備わっている自己回復力を、この海水温熱療法はサポートしてくれます。

結果として、自律神経のバランスを整えてもらって、施術終了後には、視野が明るく感じれるように変化がありました。もちろん、効果の感じ方には人それぞれ差がありますが。

身体の調子が整ったと感じています。

Webコンサルティングやブログコーチの仕事は大好きでして、うまく身体のメンテナンスをしながら、パフォーマンスを発揮しご依頼に対して、「よかった」と言ってもらえる価値を提供していきます。

やる気が出ないときに、手にして感動したのがこちらの一冊。いろいろと考えさせられました。

こんな記事も読まれています。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
フリーランスの仕事術
について読む