ドコモ ウルトラデータLパック を契約。ドコモさん + MVNO回線の2契約をしているあなたにオススメ

1ヶ月のデータ通信量 20GB、しかも、翌月に繰越できる、しかも、毎月の料金も実質節約できるプランです。

生活にネット環境が必須

インターネットに「何処でもいつでも」繋がっていないと、仕事どころか生活もままならない日々です。

日本全国を移動しながら、仕事と生活をしていまして、外出しててもインターネット回線は大切です。日本全国のカバーエリアの広さでドコモ回線を選んでいます。

7GBでは不足するので、MVNOのIIJmio回線も契約

ドコモの回線契約は、1ヶ月 7GB の回線容量制限がある「Xiパケ・ホーダイ フラット」でした。

スーツケースを引きずりながら、日本全国を移動する生活だと、当然、データ通信量が不足しまして、MVNOのIIJmio回線の 10GB を契約していました。

20GBのウルトラデータLパックが登場

2016年9月に、ドコモから1カ月のデータ通信量が 20GB と大容量のプランが登場しました。

IIJmioさんの契約を止めると、トータルでは節約になる

このプランに変更するには、音声通話のプランも話し放題にする必要があり、約1,000円ほど毎月の料金は増えるのですが、IIJmioの契約を止めると、実質はコストを抑えることができます。

しかも、IIJmioさんより、通信速度も高速ですし、いつでも、自由に解約できるので、ありがたいです。

翌月にデータ通信量を繰越できる

しかも、この「ウルトラデータLパック」は、20GBのうち、使い切れなかった(余った)データ容量は、翌月に繰り越しができます。

2018年3月以降はテザリング通信は1,000円の追加費用が必要に

今はキャンペーンということで、追加費用はなく、テザリングも使えます。

ただ、このキャンペーンは、2018年3月末までの予定となっています。その後は、
テザリング通信を行うために、別途、オプションの月額1,000円が必要となる予定です。

正直な気持ちは、2018年3月なので、その時に考えようという感覚です。

ドコモさん自体が積極的に宣伝していない?

ドコモさんの安定した(そこそこ)高速なデータ通信を毎月 20GB と、実質、データ通信量を気にせず、しかも、毎月の料金も納得できる範囲の契約です。

ドコモさん + MVNO回線の2契約されている場合は、この「ウルトラデータLパッ」1つに絞ることで、節約できます。そして、自分は正にそのパターンだったので、プランを変更しました。

複数のSIMを使い分けるというIIJmioさんのメリットは手放すことになりますが、それ以上にドコモさんの安定した通信速度で、いつでも・何処でも、インターネット回線に接続できるのは嬉しいです。

難点は、ドコモさんが積極的に宣伝していないという点です。ドコモショップさんに行けば、すぐにプラン変更の試算をしてもらえるので、検討する価値はありです。

[ads_amazon_1]

[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]

[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]

[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]

[/ads_amazon_4]

こちらもよく読まれています。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら