フリーランスの道具箱

新しくなったMacBookPro13インチをApple 銀座で実際に手にしてキーボードを操作してきました(2016年10月28日)

Appleが発表した新しい MacBookPro、この機種のキーボードはどんなキータッチなのか?親指シフトタイピストということもあり、気になりました。

実際にApple銀座に行って、触ってそのキータッチを確かめてきました。

広告

結論としては、12インチRetinaディスプレイのMacBookのキーボードとは違うキータッチとなっていました。

体験できたのは、MacBookPro13インチの「Touch Bar なし」モデル、キーボードはJIS日本語配列、色はスペースグレーでした。

スタッフさんに確認すると「Apple 銀座での展示機はこれ一台しかまだ入ってないんです」とのことでして、15インチやTouch Barありのモデルは、まだ届いていない様子です。

去年(2015年秋)に発売された「Magic Keyboard」のキータッチと近く感じました。12インチMacBookのキーボードはストロークが全くないキーでしたが、わずかにストロークがあります。

重さは12インチMacBookと同じぐらい軽やか、従来のMacBookPro(2013年モデル)よりわずかに軽く感じました。

本体を持った感じはMacBookAir13インチの感覚でして、MacBookProなのに「この軽さなのか」と感じました。










この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

広告

もっと
2. やってみました
について読む


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。ブログは年間 1450記事を更新した経験も(2013年)。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます