ASUS ZenBook 3 は「B割れ配列」親指シフトにぴったりなスペースキーが短いJISキーボードを搭載したPC

ASUS ZenBook 3 をお店で見てびっくりしました。本体のキーボードレイアウトのスペースキーが短く、親指シフトのタイピングにぴったりな配列なのです。展示されていたのは、日本語JIS配列モデルです。

短いスペースキー

日本語JIS配列でも、通常、スペースキーはなるべく長めに設計されています。しかし、この ZenBook 3 は短いのです。キーボードのど真ん中、つまり、Bキーの真下がスペースキー右端になっています。そして、大きめの変換キーがあります。

親指キーにぴったりなキー配列

そう、親指シフトのタイピングで欠かせない「左右の親指キー」として使うのにぴったりなキー配列、僕たち親指シフトユーザーが切望している「B割れ」レイアウトなのです。

「B割れ」とは、キーボードのセンターに位置する「Bキー・Nキー」の真下に、スペースキーと変換キーの境目がある、親指シフトでの理想のキー配列を指しています。

どうして?ASUS ZenBook 3 のスペースキーがこんなに短くなったのか?理由ははっきりしませんが、親指シフトタイピングにはぴったりと感じました。

同時打鍵でも問題なし 押しやすいキーボード

店頭でキーを押した感覚ですと、0.8 mmと短めのストロークで押しやすく、軽めのキーでして、親指シフトの同時打鍵も問題ない印象です。ノートPCですが、キーボードのキーサイズも大きめに設計され、キーピッチは19.8 mmと扱いやすい印象でした。

親指シフトユーザーが満足できるノートPC

CPU は Core i5 を搭載しており、モバイルでも快適なスペックを実現しています。なのに、本体重量は1 kgを切り、910 gと軽量です。親指シフトユーザーのノートPC選びに、ぴったりなマシンです。

Windowsマシンを親指シフト対応にする方法はこちら

この記事を読んでいる方は、こんな記事も読んでいます

オンラインショップのZenBook 3を見に行く

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら