「かえうち」エミュレータ不要でiPhoneでも親指シフトできるプロダクトがクラウドファンディングに登場、支援しました

  • ブックマーク
  • Feedly

親指シフトがiPhoneでもタイピングできる!とワクワクしています。

キーボード配列を自由に変換できるアダプターがクラウドファンディングに登場しました。アダプターというハードウェアレベルにて、キーボード配列を自在に変更できる様子です。

iPhoneへのUSB接続キーボードで親指シフトタイピングが実現する様子です。職場などアプリのインストールが禁止されている環境にも朗報となるプロダクトです。

デメリットは、PCやiPhone側が日本語入力がONなのかOFFなのか?の連動が、その構造上できないとのことです。この点を補うアプリをWindows向けは開発完了と案内されています。

プロダクトと同じ試作機が完成していること、また実際に動作している動画など情報が公開されていることから、発注の形でプロジェクト支援を行いました。

クラウドファンディングスタート(2017年5月28日 20時)から、わずか1時間にて目標金額の95%の支援を集めており、楽しみです。 1時間7分にて、目標金額が達成となりました。

通常の予定販売価格は9,200円とのことですが、このプロジェクトではお得な支援価格になっています。

クラウドファンディングのプロジェクト詳細はこちら。

製品の案内Webページはこちらです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら