MacBookPro 15インチ(2016)が起動しない、トライした6つのこと

トラブルは突然

平成29年9月9日 夜、愛用のMacBookPro 15インチ(2016)が突然フリーズしマウスポインタが消え、その後、画面が消え、起動しなくなりました。

結論としては、色々とトライしたけど、お手上げでして、Appleのサポートページから持ち込み修理の予約を行いました。

ジーニアスバーは混雑

銀座も渋谷も表参道もジーニアスバーは、すでに予約が埋まっていて、スケジュールの調整できる範囲では予約できませんでした。

特に、銀座と渋谷は混雑しているようで、金曜の夜の時点で日曜日の午後だったり月曜日が最短の予約日となる状況でした。

Apple正規サービスブロバイダに持ち込み修理

なるべく早く、ということで調べると、Apple正規サービスブロバイダの有楽町ビックカメラさんの窓口にちょうどいい受付可能時間を見つけ、即予約しました。

あとは、窓口に行った時に、逆に調子よく動いたりしなければ、、いいのですが。

そうそう、MacBookPro 15インチ(2016)は、購入して一年以内ですし、Appleケアにも加入しています。

「バックアップは大切」を痛感

今回、後悔先に立たずなのですが、Macの「タイムマシン」でデータバックアップを行っていませんでした。USBの外付けドライブを接続するのを、ついつい面倒になっていて、うっかりしていました。

必要なデータは全てクラウド(iCloudやドロップボックス、onedrive)に保存しており、大丈夫なのですが、開催した講座の録画と録音データが、容量が巨大なためクラウドにアップなしの状態でした。がっくり。

また、自分で復旧できないか?と、下記の操作は試したのですが、どれも効果がありませんでした。

電源ボタン10秒長押しの強制再起動

10秒以上押し続けるのですが、反応なしでした。

SMC リセット

キーボード左側の shift + control + option + 電源ボタンを10 秒以上押し続けて離して、電源を入れ直すも、反応なし起動せず。

PRAM リセット

Option + Command + P + R 4つのキーを押しながら、電源キーを長押し(15秒)操作しましたが、反応なし起動せず。

リカバリーモード

command + R を押しながら、電源キーを押して、起動を数回トライしてみたら、一度だけ、起動しました。ただし、下の画面でして「禁止サイン」でした。

リカバリーモードの起動なのに「起動に必要なシステムフォルダが検出されない」ということは、嫌な予感がします。

電源ボタンを長押しして再起動したら、起動しなくなりました。

Apple Diagnostics

ハードウェア診断プログラム「Apple Diagnostics」のため、電源キー + D キーを押し続けましたが、反応なしでした。

さらに、おかしな点

外出先で動かなくなったので、10分ほどカバンに入れて自宅に帰ったあと、取り出したらMacBookProが熱くなっていました。ということは電源が入った状態で暴走している様子です。

エアコンの風が当たる机の上に置いていましたが、ほんのり熱を感じるままでしたので、SMCリセットの操作をしたところ、発熱は止まったように感じます。

振り返ってみると、前日に予兆がありました。いきなりフリーズして、再起動したあとに、カーネルパニックの画面が表示されました。これが前兆だったのかもしれません。

とりあえず、持ち込み修理に行ってきます。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら