macOS High Sierraアップデート 親指シフトLacaille・orz-layout動作確認OKです


macOS High Sierraへアップデートし、検証しました。

Lacailleでのorz-layout 親指シフトok

Lacailleでのorz-layout 親指シフトでの日本語入力が問題なく動作することを確認しました。

検証は、MacBookPro15インチ(2016)にて、mac標準日本語入力環境にて行いました。

カワセミとATOKは現時点(2017/09/26)では未検証ですが、IMEアプリが macOS High Sierra へ対応していれば、仕組み的には問題は起きにくいです。

Karabiner-Element

Karabiner-Element(Ver.11.0.0)も問題なく動作することを確認しました。

東プレなどのWindowsキーボードを使われて、無変換キーと変換キーを「英数・かな」キーへ認識させる必要がある場合も、親指シフト入力OKです。

アップデート作業前に親指シフト環境をOFFに

アップデート前に 親指シフト環境をOFF、つまり、karabiner elementやLacailleを終了しておくのをおすすめします。

私は、うっかりそのままで、アップデート完了後のパスワード入力画面で戸惑いました。

MacBookProか再起動したのですが、アプリが動いており、アップデート作業中の起動パスワード入力で、パスワードが通らず、ドキドキしました。

Mac標準日本語入力について

iCloudのユーザー辞書がSierraの時はうまく同期せず、困っていました。

今回のHigh Sierraでは、このユーザー辞書同期トラブルが解決していました。ユーザー辞書が、iPhoneとシームレスに同期してくれていて、嬉しいです。

メンテナンス維持のご協力のお願い

orz-layout定義ファイルの動作確認など、維持・継続するのには経費が必要になっています。

今後もメンテナンスを継続し、安心してorz-layoutをお使いいただけるサポート体制のために、利用料の形にてご支援いただけると嬉しいです。

ご支援はこちらから。

orz-layoutはこちら。

Lacaille(Mac)向け orzレイアウト定義ファイル Version 2.1 | orzレイアウト

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら