GPD Pocket2S 親指シフトマシンになる?妄想中

GPD Pocket2S のキーボードレイアウトを見て、「えっ」と、椅子から立ち上がりました。

見事なB割です。真ん中でスペースキーが割ています。

Windowsなので、レジストリを書き換えるか、SharpKeysを使ってキーレイアウトを変更すれば、、

親指シフトマシンになるのでは、、。

オアシスポケットの再来では、と。

試しに、キー配置を確認しました。

惜しい、、とても惜しい。

親指シフトで必須と私が感じる、ホームポジションのバックスペースキーを割り当てるキーが足りないのです。

それ以外は、なんとか行けそうです。

バックスペースのキーは、我慢して、上のキーをそのまま使うか、下段 小指の「中点」のキーをバックスペースに割り当てるか。

あとは実際のキーボードを触ってみたいですね。どんな感触なのか。

56,800円っ。

うーん悩ましい。

480gの親指タイピングマシン。キーボードの感触が硬くなければ、心動くかも(意訳、お財布が緩むかも)という妄想中です。

講座 開催予定

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。