親指シフト Japanist 10 が富士通から発表(2017年10月2日)

2017年10月2日に、富士通から親指シフト日本語入力ソフト「Japanist 10」が発表されました。

これまでは、2003年発表・発売のJapanist 2003のアップデートのみでした。14年ぶりの新バージョン登場です。

  • 発売は、2017年10月27日(予定)
  • 価格はパッケージ版(1ライセンス) 11,500円(税別)
  • アプリはCD-ROMからインストール

Japanist 10は、Windows10へのフル対応となっており、Japanist 2003では親指シフト入力が不可であった「EdgeやWindowsストアアプリ」への入力が可能です。

あわせて、日本語変換辞書の性能が強化されています。

親指シフト専用キーボードでなく、JIS日本語キーボードでも親指シフトタイピングできるエミュレーション機能も搭載されています。

なお、Windows10でなく、OSがそれ以前のバージョンの場合は、Japanist 2003を利用するよう案内があり、Japanist 10にはJapanist 2003も同梱されています。

この記事を書いた人