ブログ記事が書けない時の処方箋 ストーリーの主役を入れ替えてみる

  • ブックマーク
  • Feedly

ブログ記事を書きたい、言いたいことはあるのに、なぜか筆が進まないことがあります。

そんな時は、書く文章のストーリーの主役を入れ替えると、止まっていた筆が進むようになります。

どう入れ替えるのか?

伝えたいことや言いたいことの概念が頭に浮かんでいるで、その概念をストーリーの主役にして、文章を組み立てようとします。

しかし、頭の中にある概念は、実際には言葉としてどう表現していいのか?イメージを言葉に置き換える手前の場合が多いです。

そこで、代わりに「自分をストーリーの主役」にします。

頭の中にある概念を説明することは難しい

頭(脳)にある概念や心の状況を、言葉で説明しようとしても、言葉にならないこと場合があります。

言葉になるなら、頭や心から言葉として取り出せます。しかし、言葉の手前のイメージを言葉にするのは、ハードルが高い場合が多いです。

その概念は、どういうものか?を説明したり、物事やアイテムの特徴はどうなのか?を言葉に綴るアプローチだと、文章が止まってしまうことがあります。

自分をストーリーの主役にする

自分を物語の主役とすると、「私にとってはどうなのか?役立つのか?」「私が検討した内容はどうなのか?」「私が達成したい目標に対してはどうなのか?」と考えることができます。

このアプローチですと、自分自身が体験している事柄なので、言語化しやすいのです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら