ブラザー レーザープリンター(HL-L8350CDW)のドラム交換した後、処理に困ってヨドバシカメラさんに相談したら回収してくれた

あわせて読みたい

ブラザーのレーザープリンター HL-L8350CDW を使っています。2016年3月の購入なので、もうすぐ丸2年です。そんなタイミングで、ドラム交換のメッセージが表示されました。

ドラムとは、レーザープリンターの感光体です。メーカーの仕様情報によると、25,000枚の印刷で交換となるようです。ほとんど両面印刷しているので、使った紙の枚数は、約12,500枚です。購入した紙の量と一致します。

ドラムユニットの品番は、DR-391CLです。

ドラムユニット

ドラム交換は、ドラムユニットが置ける広い場所と、万が一、トナーがこぼれてしまったときに備えて、新聞紙を広げて作業しました。本当は、ドラムユニット2つを広めの 場所に置いて、作業できると理想なんでしょうけれども、ワンルームなので、場所が限られており、ギリギリのスペースで作業しました。とはいえ、交換作業自体は、それほど難しくなく、4色のトナーを刺す場所を間違えないように注意しました。

交換が終わった後に、問題がやってきました。

使い終わったこのドラムユニットを処分するにも、通常のゴミでは廃棄できないサイズです。

どうしよう、、と困って、ドラムを購入したヨドバシカメラ 秋葉原 2階のプリンターインク販売コーナーにて、スタッフさんに相談しました。すると「回収できますので、お持ちください」と、心優しいお返事でした。ありがとうございます。ということで、日を改めてドラムユニットを持っていき、回収していただきました。

後から調べたら、メーカーのブラザーさんも、ヤマト運輸さんと提携して、宅急便にて回収されていることを知りました。

brother ドラムユニット DR-391CL
ブラザー工業 (2014-10-09)
売り上げランキング: 22,010

あわせて読みたい

シェア大歓迎

この記事が役に立ったり、参考になったり、読んで嬉しいと感じていただけたら、ぜひ下のボタンからシェアしてください。シェア・ツィートしていただけると、飛び跳ねるほど嬉しく、今後の記事作成の原動力になります。

大歓迎です!ぜひシェアしてください。


広告

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

広告

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告