最新のAppleセキュリティアップデートを適用するのはセキュリティ対策で大切

Mac OSXでの一番のマルウェア対策は、最新のAppleセキュリティアップデートを適用することだ。Mac OSXの脆弱性は多く存在する。その脆弱性を利用するマルウェアが少ないだけだ。Lionでは、セキュリティアップデートの自動インストール機能はない。(通知はしてくれる。)

だから、最新のセキュリティアップデートが適応されているか管理することが重要だ。

 

確認の仕方をまとめておく。簡単な作業だ。だから、忘れてしまう作業なのかもしれない。

メインメニューのアップルマークをクリック。表示されたメニューのソフトウェア・アップデートをクリックする。

新しいソフトウェアを確認する。

今回は最新だった。
最新でない場合は、アップデートが必要なソフトウェアリストが表示されたと思う。

Windows Updateは自動更新される(標準設定の場合)が、Mac OSXではアップデートリリースの通知メッセージがあるがインストールはされない。だから常に最新版が適用されているのか?を意識するのがいいだろう。

OS X Mountain Lionでは、Windows Updateと同じように自動更新されるようになった。デフォルト設定ではアップデートを毎日チェックして、バックグラウンドで自動的にインストールする機能となったようだ。これはセキュリティアップデートの最新版を維持するには役に立つ機能だろう。

Mountain Lion ではセキュリティ向上のためにも多くの新機能が追加された。
– OS X Mountain Lion 安全性を内蔵しています。 –

参考記事:OS X Mountain Lion、 Windows Updateと同様のセキュリティ更新方式を採用


 

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する