HHKB HYBRIDキーボード 30分操作なしのスリープモードを解除 いつでも快適に入力できる

  • ブックマーク

HHKB HYBRIDキーボードは、Bluetooth接続だ。30分以上キー操作を行わない場合、単三電池の消費を抑えるために、スリープモードに移行する。

スリープモードになってしまうと、キーを押してもスリープモード解除ができない。

これは、HHKBの仕組みである静電容量方式のため、キー入力の検出ができなく、本体背面にある電源ボタンを押して、スリープ解除の操作が必要だ。

正直、この電源ボタンを押す操作がストレスだが、仕方ない、と受け入れていた。

しかし、マニュアルを読むと、キーボード裏面にあるディップスイッチで、このスリープモードを無効化できることに気づき、早速設定した。

↓ SW6 Power Saving の項目に注目

デップスイッチのSW6をONにすると、スリープモードはオフになる。代償として電池消費が早くなるが、エネループを使っているので問題なし。

それより、いつでもキーを押せば入力できるスムースさが嬉しい。

Macで使っているため、SW1とSW5もONになっている。

使っているエネループはこちら。大容量バージョンが良い。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役