【WordPress】ソーシャル(SNSシェア)ボタンを自作して設置した。

この記事で紹介しているテーマは、100%GPLではないテーマです。WordPressコミュニティは、100%GPLライセンスを推奨しています。私も、現在は100%GPLライセンスのテーマのみを推奨しています。100%GPLテーマの記事はこちらです。

この記事は2年以上前に公開された記事です。情報が古くなっています。現在は状況が異なる可能性があります。

WordPressに設置しているソーシャル(SNSシェア)ボタンは必要だけど、ページ表示が重くなる面もあります。”ツィート数”や”イイネ数”は表示しなくても良いので、表示の軽いボタンを作りたかったのです。

そんなときに出会ったのがこちらの記事。

【WordPress高速化日記】ソーシャルボタン(SNS用シェアボタン)を自作・設置すると効果的 |ウェブシュフ

さっそく参考にして、自作ソーシャル(SNS)ボタンを配置しました。facebookはイイネでなくシェアボタンですが、それも”よし”と考えています。

DigiPressさんの有料テーマを使っている環境での設定方法になります。

”ものくろぼっくす”はDigiPressさんの有料テーマ「el plano」を使っています。

ここにまとめている方法は、このテーマに設定されている”webフォント”を使った設定方法になっています。ご注意ください。

PHP Text Widgetプラグインを使って、ウィジェットにコードを書き込みました。

また、テーマのphpファイルに直接 追記するとバージョンアップの際にメンテナンス作業が増えるので、PHP Text Widgetプラグインを利用した上で、ウィジェットにてPHPが動作する環境にして配置しました。

PHP Text Widget | ウィジェットでPHPを実行 WordPressプラグイン

PC 2カ所 モバイル 1カ所 に配置

PCページが、2カ所「記事タイトル直下」・「記事(エントリー)の最後」、モバイルが「記事の最後(モバイル用)」の1カ所のウィジェットに配置しました。

PC タイトル直下です。

Sns001

PC 記事の最後

Sns02

モバイル 記事の最後

DropMG 1443

このように仕上げました。デザインより、モバイルでもそのまま使えて、しかもタップし易いことを優先したボタンを作りました。

実際のコードはどうしたの?

【WordPress高速化日記】ソーシャルボタン(SNS用シェアボタン)を自作・設置すると効果的 |ウェブシュフ

ほとんどの部分を参考にさせていただきました。

記事タイトルとURLを渡す下のコードが、ウィジェットごとに必要らしく、それぞれに書いています。

<?php
$canonical_url=get_permalink();//記事のURL取得
$title=wp_title( ”, false, ‘right’ ).’|’.get_bloginfo(‘name’);//記事タイトル取得
$canonical_url_encode=urlencode($canonical_url);//記事URLエンコード
$title_encode=urlencode($title);//記事タイトルエンコード
?>

また、Twitterの呼び出しコードで、onclick=”javascript~”を使うと”2つ”ウィンドウが開いたので、そこを削除しました。

その結果、下のコードを実装しています。

<?php
$canonical_url=get_permalink();//記事のURL取得
$title=wp_title( ”, false, ‘right’ ).’|’.get_bloginfo(‘name’);//記事タイトル取得
$canonical_url_encode=urlencode($canonical_url);//記事URLエンコード
$title_encode=urlencode($title);//記事タイトルエンコード
?>

<div class=”share-buttons”>
<div class=”tweet”>
<a href=”http://twitter.com/intent/tweet?url=<?php echo $canonical_url_encode;?>&text=<?php echo $title_encode;?>” >
<span class=”icon-twitter label label-lightblue”> tweet </span>
</a>
</div>
<div class=”fb-iine”>
<a href=”http://www.facebook.com/sharer.php?src=bm&u=<?php echo $canonical_url_encode;?>&amp;t=<?php echo $title_encode;?>” onclick=”javascript:window.open(this.href, ”, ‘menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600’);return false;”>

<span class=” icon-facebook-rect label label-blue”> Facebook </span>
</a>
</div>
<div class=”gplus”>
<a href=”https://plus.google.com/share?url=<?php echo $canonical_url_encode;?>” onclick=”javascript:window.open(this.href, ”, ‘menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=600,width=500’);return false;”>
<span class=” icon-gplus-squared label label-red”> google+ </span>
</a>
</div>
<div class=”hatebu”>
<a href=”http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&url=<?php echo $canonical_url_encode;?>&title=<?php echo $title_encode;?>” onclick=”javascript:window.open(this.href, ”, ‘menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=400,width=510’);return false;”>
<span class=” label label-blue”>B! hatena </span>
</a>
</div>
</div>

tweet の部分は、DigiPressさん el plano で設定されている”webフォント”を下のように指定しています。

<span class=”icon-twitter label label-lightblue”> tweet </span>

なので、通常環境ですと表示がおかしくなります。変更してください。

また、そのwebフォントに はてブ が無かったので、B! hatena と、テキストでむりやり「B!」を作っています。

<span class=” label label-blue”>B! hatena </span>

あとはCSSでフロート設定にして完成です。

.share-buttons .tweet{
float:left;
}
.share-buttons .fb-iine{
float:left;
}
.share-buttons .gplus{
float:left;
}

.share-buttons{
margin-bottom:20px;
}

表示軽くなったのか?

作業前にベンチマークを忘れていました。失敗しました。ただ、速くなったと感じています。googleアドセンスの表示速度の評価は数日遅れて更新されるので、これがどう変化するか?確認します。

作業前は下のように”ちょっ、遅いで”って言われています。

スクリーンショット 2013 11 05 23 40 56

参考リンク

【WordPress】自作ソーシャルボタンを設置する際のポイント | MasterPeace21

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします