WordPress リビジョンを作らない(無効化)ように 設定をwp-config.php に追記する

リビジョンという機能が、WordPressでは標準で用意されています。

「記事の変更履歴」を保存しておいて、間違った変更で保存しても、元に戻せる便利な機能です。

ただし、この機能、標準だと、際限なく変更履歴を保存します。

たくさんの変更履歴が溜まっていると、記事を表示する時に、データ容量がおきくなります(正確にはちょっと違うけど、わかりやすさを優先して、この表現にしています)。

少しでも表示速度を上げたい、速い is Powerrrrなので。

ちなみに、これぐらい効果ありました。

リビジョンを停止(無効化)

リビジョンを停止したいときは、下のコードをwp-config.php に追記します。
(参考情報 : wp-config.php の編集 – WordPress Codex

define( 'WP_POST_REVISIONS', false );

追記する場所は、デバックモードの下がおすすめです。

なお、wp-config.php の一番下に追記すると、機能しません

必ず、この↓コードより上に、追記します

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
	define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

なお、この設定は、リビジョンの作成を停止するだけなので、今まで作られたリビジョンは消えません。

今までのリビジョンを消す方法は、記事準備中です(お待ちください)

リビジョンを制限したい

リビジョンの数を制限したいときは、下のコードをwp-config.php に追記します。

例えば、3つに制限する場合↓

define( 'WP_POST_REVISIONS', 3 );

(参考情報 : リビジョン | WordPress.org 日本語

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。