WordPress 3.7にバージョンアップしました!DigiPress 『el plano Ver 1.0.2.4』の環境です。

この記事で紹介しているテーマは、100%GPLではないテーマです。WordPressコミュニティは、100%GPLライセンスを推奨しています。私も、現在は100%GPLライセンスのテーマのみを推奨しています。100%GPLテーマの記事はこちらです。

この記事は2年以上前に公開された記事です。情報が古くなっています。現在は状況が異なる可能性があります。

アップデートの前に『データベース』を必ず、バックアップしてください。

WordPress 3.7にバージョンアップしました!DigiPressさん『el plano Ver 1.0.2.4』を使っている環境です。アップデートそのものは「管理画面からアップデートをクリックする」だけで完了しました。同時に放置していたプラグインのアップデートも行いました。

アップデートの前に準備したこと

データベースをバックアップ

万が一に備えて、WP-DBManagerプラグインを使ってデータベースをバックアップしました。

WordPressのデータベース用バックアッププラグイン「WP-DBManager」 | SaaSes Staff Blog

バックアップデータはgzipで圧縮形式にして、FTPでローカルに移動します。

FTPでローカルにバックアップ

サーバーデータを念のためにローカルにFTPを使ってバックアップしました。時間がかかるので面倒ですが、コピーさえあれば元に戻せるので、できればやっておいた方がイイと感じています。

FTPソフトはTransmitを使っています。高い値段ですが使いやすいです。

Transmit

3,400円
(2013.10.27時点)
posted with ポチレバ

ローカルのサーバーでテスト

コレはやりませんでした。念には念をいれるなら、テスト環境でテストするのが安心です。今回はバックアップがあるからいいかーということでしませんでした。いや面倒くさかったんですけどね。

ローカルにサーバ環境を作るならMAMPがおすすめです。PROでなくてもオッケーです。

MAMP: Mac, Apache, MySQL, PHP

el plano Ver 1.0.2.4

DigiPressさんのel plano Ver 1.0.2.4でも大丈夫でした。もちろん100%大丈夫とは言いません。何がおこるのか?わからないのがこの世界。バックアップを確実にとって”作業”をすすめてください。

WordPress 3.7

自動バックグラウンド更新機能の追加。マイナーバージョンアップの場合は自動的にバージョンアップします。セキュリティパッチの適応のタイムラグが少なくなることが期待できます。

あっ勝手にバージョン上がるとまずいよって時はこちらのリンクをご覧ください。

自動バックグラウンド更新の設定 – WordPress Codex 日本語版

強力なパスワードメーターですよって教えてくれるようになりました。弱いパスワードは『まずいって』と教えてくれます。

あとは検索機能がパワーアップして、国際化対応が改善。翻訳ファイルも自動更新されます。詳しくは下のリンクをご覧ください。

WordPress › 日本語 « WordPress 3.7 日本語版リリースのお知らせ

【Amazon.co.jp限定】本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書2 オリジナルステッカー付き
プライム・ストラテジー株式会社
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 4,026

1300words 25mins

講座 開催予定

この記事を書いた人