All in one SEO プラグインと指定カテゴリー(複数)”記事”のインデックスを”noindex”にするコードを同時に使うときに気にしておいた方がいいこと

この記事のポイント

1cat

  • All in one SEO プラグインでカテゴリーページのnoindex設定と指定カテゴリー(複数)”記事”を”noindex”にするコードを使うと、2重にコードが出力されていた!
  • 2つのnoindex設定がバッティングした場合は拒否が厳しい設定になるので、ひとまずは安心です。
  • でも2つコードがあるのはどう?なので、in_category()関数のみを使った設定コードを作ったよ

指定カテゴリー”記事”をGoogleさんのインデックス不許可にする

指定カテゴリー(複数)”記事”のインデックスを”noindex”にする方法を記事に書きました。

 [箱] 手作業なく簡単・一括に!2つ以上の複数カテゴリー”記事”をGoogleさん インデックス不許可 “noindex”の設定方法

設定してみたら、All in One SEOプラグインの設定と重なることが分かりました。

 WordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

All in One SEOプラグインのnoindexと二重になっても大丈夫?

結論としては大丈夫ですが、どの設定が二重になるのか?を見ます。All in one SEO プラグインには「Noindex Settings」の設定ができます。

これは「カテゴリー・投稿者記事一覧・過去記事一覧・タグ」を検索エンジンのインデックスから除外する機能です。重複コンテンツになるのを防いでくれます。

Allinonenoindex

「カテゴリーをnoindexにする」にチェックが入っている場合で、ものくろ が紹介している特定カテゴリーをnoindexにする設定と二重になります。

結果、<meta name=”robots” content=”noindex, nofollow” />が一つのページに 2カ所 出力されてします。

2つの設定がバッティングしたらより厳しい(拒否する)コードに従う

2つのコードがバッティングした場合は制限が厳しい(拒否する)方に、クローラーは解釈してます。

参考:意外に知らない、robots meta タグの7つの正しい使い方 | 海外SEO情報ブログ

なので、mataコードが2つ出力されていても大丈夫です。ただし「二重の出力になる」ことを理解しておく方がいいとは思います。

二重のコードを出力したくない

ソースコードをシンプルにしたい!こんなときは記事に紹介したコードを変更すると解決します。is_category()関数の検索結果が All in one SEO プラグイン出力と一緒になっています。

プラグイン側の設定をオフにすると、指定していないカテゴリー記事のnoindexも解除されてしまうので注意してください。

in_category()関数のみを使うことで解決できます。関数についてはこちらの記事にまとめています。

 [箱] is_category() とin_category() 一文字の違いが大きな違い!WordPress関数

All in one SEO プラグインにてカテゴリーページ noindex設定 対応 コード

下のコードが All in one SEO プラグインと重複しないコードになります。

[php]
<!– HERE: No_Index with category check –>
<?php if ( in_category(array(‘2637′,’1352’
)) && is_single() )
{
echo "<meta name=\"robots\" content=\"noindex, nofollow\" />\n";
}
?>
<!– END: No_Index with category check –>[/php]

このコードをheader.phpに追加すると設定完了です。

ものくろ はこう思った

Dthing

All in one SEO プラグインと noindexが二重になる対策方法をまとめました。

カテゴリーページのnoindex出力が重複しているので、is_category()関数を使わないようにすると解決し、設定コードを変更しました。

All in one SEO プラグインで「カテゴリーページをnoindexにしている」場合は参考にしてください。

この記事を書いた人