Google検索最新情報2018 (Google検索エヴァンジェリスト 金谷 武明さん) WordCamp OSAKA 2018 にて、検索エンジンの動向を学んだ

2018年6月2日 大阪にて開催された WordCamp OSAKA 2018 セッションの一つ「Google検索最新情報2018」を聞き、検索エンジンの最新動向を学びました。

このセッションは、Googleの検索エヴァンジェリスト 金谷 武明さんの登壇でした。

なお、はじめに「講演スライドの撮影はOKだが、SNSへの投稿は控えてほしい」との案内があったため、スライドの写真はありません。

記事の内容は、セッションを聞いた私、ものくろの主観でまとめたものです。

駆け足なまとめ

金谷さんから「今日は、情報量が多め」との言葉からスタートしましたが、メモを取りながら聞いていたら、一瞬でセッションのおわりになっていました。

  • WordPressのAMPプラグインの開発に、Googleが参加して普及を推進している。
  • 検索の結果(ランキング)はどのような仕組みで作られているのか?しっかり理解が必要。
  • モバイルファーストインディックス (以下、MFI)は、スタートしている。レスポンシブデザインだと対応は不要。 多言語化サイトは注意点あり。
  • 新しいサーチコンソールはデータの参照期間 (16ヶ月)と長く便利、PCとモバイルのフィルターを設定して分けて解析できる。
  • インデックス カバレッジは、出ているエラーがすべて問題という意味ではない。
  • Speed Updateは、極端に遅いサイトが影響を受ける。速度の優劣が、ランキングを大きく変化させるものではない。

AMP

Googleは、WordPressに対してAMPプラグインにフォーカスしており、プラグインの開発に参加していることが紹介されました。

AMPと言うと、モバイルの技術となりがちですが、セッションでは、デスクトップもAMPで動作させているサンプルが紹介されました。

サンプルサイトはこちら。
The DailyNews – Previewing another WordPress Blog
近日公開予定のAMPプラグインVer.1 で実装されたサンプルサイトはこちら。
https://travel-amp.xwp.io

ただし、プラグインを有効化するだけでは、導入できない点も留意が必要です。

そもそも検索結果はどうやって作られているのか

「検索は、ユーザーを連れてくる謎のサービスではありません」

「4つのステップ、プロセスから成り立っている、ロジカルな仕組みです」

このように、検索結果がどうやって組み立てられているのか、説明がわかりやすかったです。

その4つのプロセスは以下のようになります。

  1. デスカバリー(Webページを知る。通常、サイトマップを介して知る。)
  2. クロール(情報を取りに行く)
  3. インデックス(取ってきた情報をインデックスサーバーにて整理し、索引を作る。これで検索結果に表示する準備ができる。)
  4. ランキング (検索されたキーワードに関連しているWebページを、インデックスから抽出しランキングが生成される。)

モバイルファーストインディックス(MFI)

Googleのクロール(情報を取りに行くプログラム、通称、グーグルボット)は、二種類存在しています。1つは、デスクトップPCのブラウザーと同じもの、
もう一つは、モバイルデバイスで見たときと同じもの。

Googleのインデックスに登録されるデータは、これまではデスクトップがメインでした。モバイルは、サブの扱いとなっていました。これだと、デスクトップでは表示されているが、モバイルでは、表示されていない内容があっても、基本的には、検索ランキングを作るときの、データ(インデックス)が、デスクトップのアクセスしたときに基づいていました。

モバイルから、ページにアクセスしたときに、情報が表示されないことが起きており、不都合なので、インディックスを逆転させたのが、このMFIです。

MFIは、2018年春にスタートしています。切り替わると、サーチコンソールにて通知がある様子です。

レスポンシブデザインなら、MFIに切り替わっても、対応は不要です。

注意が必要なケースとして、多言語化されたサイトの場合が紹介されました。

多言語化サイトで使われるhreflangのタグ設定にて、デスクトップはデスクトップへ、モバイルはモバイルに、設定するようにとのことでした。

新しいサーチコンソール

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 新しい Search Console

こちらも、2018年はじめにリリースされました。

従来のサーチコンソールは最長90日のデータしか参照できず、CSVをダウンロード・作業して長期間のデータを解析する必要がありましたが、新しいサーチコンソールを使うと、最長 16ヶ月間のデータを参照できるようになりました。とても助かります。ダウンロードしてまでは、と面倒に感じていましたから。

ただし、従来のサーチコンソールの全てのレポートが、新しいサーチコンソールへ実装が完了されておらず、実際には、両方を行き来きして使っています。

新しいサーチコンソールの便利になったポイントは、検索パフォーマンスのレポートで、PC とモバイルの比較です。当ブログのデータですと、クリック率でモバイルの方が、40パーセントほどよくなっていることがわかりました。

新しいサーチコンソールの機能など要望は、メニューの「フィードバックを送信」から送ることができます。ただし、英語で。

インデックス カバレッジ

新しいサーチコンソールで、提供された機能です。

「エラー」のすべてが問題というわけではないことに注意です。

検索エンジンからみて、例えば、noindex設定があることをレポートしているだけです。ただし、リダイレクトしたつもりがないページがリダイレクトされていることに気づくキッカケや、noindexの設定ページを確認する場合に使いやすいツールです。

金谷さん曰く「こんなにたくさんの情報を提供するのか、とちょっと驚いた機能」とのことです。

Speed Update

このアップデートは、2018年7月から、Webページの表示スピードをモバイルのランキング要素として使用するというものです。

このアップデートの目的は、モバイルの環境で、ページの表示が遅いことで、不便な状況を減らそうというのが狙いだそうです。個人的には、速さを競う目的ではないと感じました。早く表示できた方が、離脱率が下がってアクセス数は改善するのですが、この Speed Update とは無関係です。

Speed Updateの影響を受けるかどうか、調べるツールの提供予定はなしとのことです。

ただし、ページの表示速度を調べるツール(Speed Update とは関係なく)を、2つ紹介されました。

一つ目は、

PageSpeed Insights

もう一つは、Chromeの機能拡張です。

Lighthouse – Chrome ウェブストア

Googleの検索情報の入手するには

検索エンジンに関する情報を手に入れたい場合は、

  1. Google ウェブマスター向け公式ブログ
  2. 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ

を読むことからスタートできます。

質問は、ユーザーフォーラムに訪ねることができます。ただし、回答はGoogleは行わず、詳しいユーザー (とても詳しい方)さんからとなります。

ウェブマスター ヘルプ フォーラム – Google プロダクト フォーラム

オフィスアワーは、金谷さんのTwitterアカウントで、開催スケジュールが告知されるそうです。

セッションの後に個別で質問した2つのこと

質問1

新規記事を公開するたびに、Fetch as Google は必要ですか?

回答「新規公開記事では、やる必要はないです。新規記事は、サイトマップを登録していればクロールされるようになっています。Fetch as Googleの回数制限もあるため、何か問題が起きた時に、Fetch as Google を使えるように残しておく方がいいです。ただし、サイトマップだけと比較すると、 (etch as Google を送信していると)速くクロールされる可能性はあります。

質問2

Fetch as Google で、MFI がスタートしたので、「モバイル」を選んだらOKですか?

回答「あなたのサイトが、MFI に切り替わっているか?どうかによって異なります。切り替わっているなら、モバイルです。まだ移行していないなら、PC を選ぶ必要があります。

Twiiterから

最後に

Googleの検索エヴァンジェリスト 金谷 武明さんの講演は、3回目です。今回、2018年版に情報がアップデートされていました。

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします