英語コミュニケーションにニックネームは重要!名前を決めるときにチェックすべき大切な 5 +1 つのこと

ニックネーム

英語でコミニュケーションを行うときに、日本と大きく違う点があります。お互いにニックネームで呼び合い、親しい関係を作っていきます。

学校では、「Mr. 」「Ms. 」との敬称があるのがあたり前と習ったと思います。もちろん、状況によってはキチンと使う必要もありますが、どんなときにこの敬称をつけるか、説明できます?。僕はできませんでした。ニックネームには、たとえ目上の方でも敬称を付けませんし。

このような文化の違いをわかっていると、会話が良い感じでできます。英語でのコミュニケーションが避けて通れない今、キチンと英語圏でOKなニックネームを持つべきと思います。

こんな偉そうに言っていますが、大失敗をしました。おなじ失敗で悲しい思いをされる方をなくせたらと思い、恥ずかしいですがまとめました。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧する場合はパスワードを入力してください。

パスワード

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する