Memory Magic でメモリー開放!スリープ復帰後 Safari スクロールの重さが解決

  • ブックマーク

Mountain Lionにて、スリープ復帰後にsafariのスクロールが重たくなるので、悩んでいました。いや本当に重たく、操作しにくく困っていました。正直使えません。

解決できたのでまとめました。

スリープ復帰

safariのスクロールが重たい症状については同じ悩みを見つけました。

僕の場合をまとめると、こんな所です。

  • スリープ復帰後の不調はsafariだけ
  • safariを一度閉じて開いても、スクロールは重たいまま
  • 再起動したら直る
  • ノートのディスプレーでも、外付けの23インチディスプレーでも重くなる
  • 自作でFusionDrive
  • 環境は MacBookPro  2011early 13inch

スリープせずにシャットダウンならいいワケですが、スリープ運用できるのもMacの良い点です。

Mountain Lionにアップグレードと同時に、FusionDriveを自作したこともあって、問題の切り離しできず困っていました。

メモリー開放アプリで評価の高いMemory Magicを試したら解決しました。私の場合はメモリー周りのトラブルだったようです。

このアプリで絶対に良くなるとは断言はできないと思います。しかし、通常の場合でもこのソフトは評価が高く、有料アプリですがその価値はあると感じてます。

Memory Magic

2013年3月12日現在、250円です。有料ですが、メモリー解放ツールはもっと高価な時代がありました。この価格、素晴らしいと私は思います。

アメリカの作者さんのソフトです 。 memory0312

もともとの価格が$2.99です。割り算すると1$ = 約84円です。今日のレートが 96円です。値上げはないのがうれしいのですが、為替次第では値上げがあるかもしれないです。

使い方

-ちょうど今も、自動でメモリーを解放したと通知センターから表示されました。-

Appストアから購入すると自動でインストールが終わります。メニューバーに円グラフが表示されています、クリックして開きます。

mmg001

右下の「i」をクリックします。

mmg004

Autostart at login  を「on」に設定します。これでOKです。適時、自動でメモリー解放を実行してくれ、通知センターに開放した容量が表示されます。カンタンなのにすごく便利です。

「Force memory recovery」をクリックすると、強制的に解放します。

1.7 GB 開放

safariのスクロールが重くなった時に、メモリーがどれくらいなのか見てみました。

mmg006

残りが932MB。1GB より下回っています。

しばらくすると自動でメモリー解放されました。

mmg007

実行中の画面です。Trying to free memory と表示されてます。

このあと2.6 GB free memoryになり、safariのスクロールが元通りスムーズになりました。

自動開放まで待てない時やスクロールが重いままの場合はsafariを閉じ、メモリー解放を実行してください。スムーズなスクロールが復活します。

これで安心してスリープできるようになりました。

Memory Magic App カテゴリ: ユーティリティ 価格: ¥250

  • ブックマーク

この記事を書いた人