音声入力 Google ドキュメントでiPhoneとMacで同時に作業したら良いかもしれない

音声入力を行うよりもキーボードの方が速いと信じているものくろです、こんばんは。

でも、音声入力の方が、圧倒的にテキストを速く入力できるのも感じていて、

ただ、悩みなのは、句読点と、改行の入力。

この悩みがひょっとしたら解決するかもと言う方法をトライ中。

それは、iPhoneとMacを同時に使い、両方同じGoogleドキュメントで、iPhoneで音声入力していき、同時に、Macからキーボードで修正していくというもの。

iPhoneの音声入力で、ざっくりと不完全でいいから音声入力して、それをMacで修正していく。

iPhoneの音声入力でも、Androidの音声入力でも、結局、句読点と改行がやりにくい。あと、同音異義語。

これをその場で、Macのキーボードで修正しながら、音声入力していくと、良いんじゃないか、と、いう感じです。

ポイントは、同じGoogleのアカウントで、Googleドキュメントにログインしていても、iPhoneのカーソルとMacのカーソルの位置は、区別されているのが良い点。

Macで修正したところに、iPhoneの音声入力の位置が移動しない。これ、かなり重要。

同期するだけだと、Simplenoteでも出来るかなと試したけど、同期がほんの少し遅れる感じなので、ダメだった。

あと、音声入力は、周りに人がいるとできないカフェや、電車の中では、やりづらい。そういう場面では、フリック入力で入力すると割り切りが必要。

iPhoneで音声入力しながら、その場で、Macで修正できる。

クラウドすごいなぁ。あっ音声入力も、クラウド。

すごい時代だ。

無料メルマガにぜひご登録ください

ブログより日常を書いています。
ものくろキャンプ メルマガ
購読登録フォーム
Eメール  *
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
  • ブックマーク

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。